サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 竹書房
  6. ラズベリーブックス
  7. 不機嫌な花嫁にささげるワルツ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

不機嫌な花嫁にささげるワルツ(ラズベリーブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/06/10
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: ラズベリーブックス
  • サイズ:15cm/335p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-4901-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

不機嫌な花嫁にささげるワルツ (ラズベリーブックス)

著者 エマ・ワイルズ (著),高橋 佳奈子 (訳)

舞踏会の夜、公爵令嬢クリスタ・ハットンは何者かによって、放蕩者として知られるアンドリュー・カールトンと一緒にワイン貯蔵庫に閉じこめられてしまう。翌朝、ふたりを発見したクリ...

もっと見る

不機嫌な花嫁にささげるワルツ (ラズベリーブックス)

1,008(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

舞踏会の夜、公爵令嬢クリスタ・ハットンは何者かによって、放蕩者として知られるアンドリュー・カールトンと一緒にワイン貯蔵庫に閉じこめられてしまう。翌朝、ふたりを発見したクリスタの父親、ダンバートン公爵は激怒し、クリスタたちは醜聞を避けるために以前から恋人同士だったと装い、結婚することに。その夜まで一度も話したことがなかっただけでなく、結婚相手として考えたこともなかったアンドリューとの結婚に戸惑い、怒りすら覚えるクリスタだったが、噂とは違う彼の誠実で情熱的な面に気づいていく—(ほか2篇収録)。“真実の愛に目覚めた”放蕩貴族たちの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

舞踏会の夜、公爵令嬢クリスタ・ハットンは放蕩者のアンドリュー・カールトンとワイン貯蔵庫に閉じ込められる。醜聞を避けるため、彼と結婚することになったクリスタだったが…。表題作をはじめ、全3篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

不機嫌な花嫁にささげるワルツ 7−111
夜明けまで抱きしめて 113−226
公爵からの甘い贈り物 227−332

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

3編の物語~ロマンス~

2012/05/22 09:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいあいあいこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルになっている”不機嫌な花嫁にささげるワルツ”は、時代背景を投影している物語。そのまま冷たい夫婦になってしまいそうなのに、放蕩者のヒーローがとった行動は・・・真実の愛に目覚めるヒーロー。ロマンスたっぷりです。2篇めは、ヒーローの勘違い、ヒロインの切羽詰った状況が絡み合って出会い、つむぎだされる物語。3篇目は夫婦になったばかりのヒーローとヒロインの葛藤。それぞれにロマンス?かなり官能的なところもあるヒストリカルロマンスです。
「ささげられた夜の乙女」のシリーズ。放蕩者が愛を知るというのが全篇を通したテーマのように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/28 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/01 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/22 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る