サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/17
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/625p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-09447-6
文庫

紙の本

西洋文学事典 (ちくま学芸文庫)

著者 桑原 武夫 (監修),黒田 憲治 (編),多田 道太郎 (編)

プルースト「失われた時をもとめて」、ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」…。一度は読みたい西洋文学作品のあらすじから、時代背景、作者の人物像までを紹介する、読んで楽しい...

もっと見る

西洋文学事典 (ちくま学芸文庫)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

プルースト「失われた時をもとめて」、ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」…。一度は読みたい西洋文学作品のあらすじから、時代背景、作者の人物像までを紹介する、読んで楽しい文学事典。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読んでいない本について堂々と語るため?には

2019/01/17 00:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:osarusan - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中には『読んでいない本について堂々と語る方法』などという本もあるらしいが(同書の原題は「読んでこなかった本についてどう語るか」と、邦訳題よりは多少は控えめらしい)、そういうたぐいの負い目を多少軽くしてくれる本が、例えばこの『西洋文学事典』なのではないか。しかも、本格的な事典であれば数冊にわたり、かつ重くて簡単に開けない代物だろうが、この本は文庫本なので、気が向いた時にいつでも寝っころがって読む、というよりむしろ眺める、ことができる。
 但し、この種の本にありがちなことだが、読んでいると次第に編者の偏りも見えてきて、それが鼻につく場合もあるかもしれない。とはいえ、その点でも本書はお勧めであって、というのも、編者となっているのが桑原武夫という、西洋文学の研究家でかつ非常に広範なことを手がけた人士であり、加えて親父が著名な中国史家であり、漢籍関連の素養も生半可でないだろうことが予想される御仁だからである。
 などと色々書いたが、一番良いのは適当に読み散らすことができること。そのつど、どこから始めてどこで終わっても、本書の場合全く問題ない。したがって、通読していないことが全く負い目にならない。
 こういう本こそ、もっと文庫本で出ないものだろうか、と思わせられる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。