サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ほんとうの親鸞(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288150-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ほんとうの親鸞 (講談社現代新書)

著者 島田 裕巳 (著)

その人物も、生涯も、そして思想もひどく曖昧な親鸞。後世の人間は、願望や思いを投影させて、独自の親鸞像を作り上げてきた。日本人は親鸞を通してどういう夢をみてきたのかを明らか...

もっと見る

ほんとうの親鸞 (講談社現代新書)

821(税込)

ほんとうの親鸞

702 (税込)

ほんとうの親鸞

ポイント :6pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その人物も、生涯も、そして思想もひどく曖昧な親鸞。後世の人間は、願望や思いを投影させて、独自の親鸞像を作り上げてきた。日本人は親鸞を通してどういう夢をみてきたのかを明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

島田 裕巳

略歴
〈島田裕巳〉1953年東京生まれ。東京大学大学院博士課程修了。宗教学者、文筆家。日本女子大学教授などを歴任。著書に「人はひとりで死ぬ」「浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

何もかも取っ払うと。

2012/03/17 23:49

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本のように「御伝抄」はおろか、「歎異抄」や恵信尼消息まで史料性を限定すると確実な親鸞聖人像はおぼろげなものになってしまう。「教行信証」の後序に書かれた言葉も事実ではなく、親鸞聖人の願望だと捉えるのは斬新で、反体制の闘士のような「宗祖無謬論」の変種みたいな偶像化からでは見えにくいものがある。「宗祖親鸞」ではなく法然門下の一僧侶として論じられている。
 「親鸞は弟子を一人ももたず」というが、現実には関東に弟子の集団が生まれたので善鸞を東向させたのだ。「歎異抄」にしても一説には覚信尼の夫の子供説もあるが、唯円という弟子の聞き書きである。
 もし親鸞聖人直筆の「選択本願念仏集」が発見されたら、どうなるだろうか。法然門下の源智の残した阿弥陀仏の胎内文書のように歴史の中に埋もれた文書が発見された例もある。
 親鸞という人物の宗門外の同時代の確実な史料は七箇条制戒の書名以外は皆無で、浄土宗関係の史料も「四十八巻伝」に七箇条制戒の署名者の一人として登場する他は存在しないので、かつては親鸞架空説が言われたほどだ。当時の法然門下では一念仏者でしかなかったのだろうが、聖覚法印の「唯信鈔」を直接知る立場であったである。「唯信鈔」は「四十八巻伝」では引用されているが、親鸞門下で重宝されたせいか、真宗系の写本しか残っていない聖典である。
 親鸞聖人の出自とされる日野氏は鎌倉末期から貴族としての家格は低いものの、南朝に使えた者もいるが、北朝や室町幕府で重要な役割を果たした家柄である。本当に親鸞を立派な貴族の出自としたいのならば、もっと家格の高い貴族に結びつけたくなりそうなところだ。
 この本で覚如上人の「御伝抄」や「口伝鈔」をはじめとする著作の下敷きには流罪目録のついた「歎異抄」の存在がないと分からない点は見落とされているが。お東騒動は後継者争いではなく、保守派と革新的な宗務院との対立である。
 この本には日蓮聖人と親鸞聖人を比べて描いた箇所が結構目につくし、著者は創価学会についての本を何冊か出版されている。日蓮聖人は自著の中で自分の事を何回となく描いているので、自分の事を殆ど記さない親鸞聖人に比べて、経歴について分かりやすい点はある。日蓮聖人という人は内省的な性格だったのだろう。次は「ほんとうの日蓮」といった本を出されたらいいのでは、と思う。
 日蓮聖人は法然門下を「念仏無間」と批判したが、「選択集」をよく読み込み、法然門下についても相当の知識があった事は遺文を読めば分かる。唯円と同世代になるが親鸞という名前は出てこない。おそらく知らなかったのだろう。平左衛門尉頼綱が「教行信証」の刊行に関わったと言うから、分からないところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/21 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/25 06:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/26 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/02 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む