サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

3・11複合被災(岩波新書 新赤版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/285,10p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431355-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

3・11複合被災 (岩波新書 新赤版)

著者 外岡 秀俊 (著)

地震と大津波、そして福島第一原発事故の「複合災害」の中で、人びとは何を思い、どんな経験をしたのか。被災地に通い続ける著者が現地のルポをまじえながら、3・11全体の輪郭を描...

もっと見る

3・11複合被災 (岩波新書 新赤版)

929(税込)

3.11 複合被災

929 (税込)

3.11 複合被災

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 7.0MB 無制限
Android XMDF 7.0MB 無制限
Win XMDF 6.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地震と大津波、そして福島第一原発事故の「複合災害」の中で、人びとは何を思い、どんな経験をしたのか。被災地に通い続ける著者が現地のルポをまじえながら、3・11全体の輪郭を描き、残された課題を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

外岡 秀俊

略歴
〈外岡秀俊〉1953年札幌市生まれ。東大法学部卒業。朝日新聞社編集委員などを経て、2011年早期退職。ジャーナリスト、北海道大学公共政策大学院(HOPS)研究員。著書に「地震と社会」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

3・11は複合被災

2017/01/31 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴジラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「3・11」=東日本大震災は、大きな揺れや津波だけでなく、福島第一原発事故によって甚大な被害がもたらされたことはこのレビューをご覧になっている皆さんもご承知のことと思います。
この本は、3・11後を生きていく皆さんのために、3・11について何が起こったのかをまとめたものとなっています。
東日本大震災に関する著作は他にもあるとは思いますが、あの日なにがあったのか、それを知るうえで重要な一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

抑えの効いた優れたジャーナリズム記録だと思う

2013/04/17 22:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kwt - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は,10年後に,この天災と人災を調べる読者を対象として,本書を記したとのこと。天災と人災は,私が加えた言葉ですが。あのときから1年ほど床屋に行く気にならなかったのと似たような気分で,買ってからも半年以上主棚に眠らせていました。地震も原発も私の経歴に関係しているので,正直,右往左往の世の中の動きに付いていく気にならなかったのかなあ,と思っていますが。
 この本は,私の気分を滅入らせるトーンではなく,この災害に対する一線を退いた(未だ未だ現役の)ジャーナリストの,抑えの効いた怒りを根底に据えながらも,冷静に記録し後世の若き読者に伝えようとする気持ちが書かれており,それが一層,「何をやってんだよ,お前らは!そして,私は,....。」と,私の心に響きました。
 巻末には,詳しい年月日表と参考資料が添えられており,新書で出されたことも合わせ,正に将来世代への生々しい有用で色あせない記録ではないかと思います。
 惜しむらくは,「放射線」と「放射能」の用語の使用に混乱があり,改訂の機会があれば,修正していただければと思います。でも,これも,今を伝える一部を為すのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東日本大震災をひととおりカバーしているが,迫力はいまひとつ

2012/03/28 22:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

約 300 ページのうち半分を津波・地震に,そしてのこりの半分を原発事故にあてている. 著者自身がみたもの・きいたものから,地震の歴史,対策など,1 冊でひととおりカバーしようとしている. 範囲がひろい反面,それぞれの話題にはいまひとつ迫力がない. 著者は 2021 年の中高生がこの震災について知るために最初に読む本をめざしたというが,すくなくとも最初に読む本にはもっとインパクトが必要だろう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/16 07:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/23 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/19 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/09 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/07 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/19 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/15 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/22 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/22 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/26 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/18 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む