サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. お父やんとオジさん 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お父やんとオジさん 上(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/429p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277182-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

お父やんとオジさん 上 (講談社文庫)

著者 伊集院 静 (著)

子供のころに一度だけ逢ったオジさんは、ボクの英雄だった—。学生時代に剣道の天覧試合に出場したオジさんは、両親とともに祖国へ引き揚げた。しかし朝鮮戦争が激しさを増すなか、山...

もっと見る

お父やんとオジさん 上 (講談社文庫)

730(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子供のころに一度だけ逢ったオジさんは、ボクの英雄だった—。学生時代に剣道の天覧試合に出場したオジさんは、両親とともに祖国へ引き揚げた。しかし朝鮮戦争が激しさを増すなか、山中に逃れた村の若者たちが北朝鮮軍に皆殺しにされてしまい、密告したと疑われて鶏小屋の下の穴倉に隠れ続けることに。【「BOOK」データベースの商品解説】

学生時代に剣道の天覧試合に出場したオジさんは、両親とともに祖国へ引き揚げた。朝鮮戦争が激しさを増す中、山中に逃れた村の若者たちが北朝鮮軍に皆殺しにされる。密告を疑われたオジさんは、鶏小屋の下の穴倉に隠れるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

朝鮮戦争を、読む

2013/01/25 20:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

作品タイトルから、「ちょっとノスタルジックで胸熱くなるヒューマンドラマ」、くらいの物を想像していた。もうまったく、そういう事は無い。とかくこの上巻は、がっつりと、朝鮮戦争の物語だ。
第二次世界大戦が日本の敗戦で終わった後、朝鮮半島は38度線を持って北朝鮮と韓国に分けられた。その後北朝鮮が韓国に侵攻する事で勃発した、朝鮮戦争。それがどのような戦争だったか、ご存知だろうか。恥ずかしながら私は朝鮮戦争と聞くと、「特需」という言葉くらいしか浮かばない。本当に恥ずかしい事だと、この作品を読み終わって痛感した。
日本の敗戦時、沖縄を除けば本土で白兵戦が行われた、という事は無かった。だから国民が兵士に嬲り殺される、というような事はなかったのだけど。しかし朝鮮戦争では、北と南で、半島をそれぞれがほぼ制圧するというような事を繰り返した。その背後には中国とアメリカの加担があるのだが。たまらないのは国民だ。両国の兵士が、それぞれのくだらない理由で、国民を陵辱し、殺戮を繰り返した。あまりに、あまりに、むごい。
親は子を大事にしたいだけ。姉は弟に、幸せになって欲しいだけ。それだけなのに、戦争はそれを許さない。人々はどんどん狂っていく。家族を殺された遺族は、殺されなかった物たちを恨み、また殺戮が繰り返される。読んでいて本当に胸が痛い。ただ純粋な思いが、当たり前の愛情が、許されない。ぶち壊される、踏みにじられる、引き裂かれる。
そして日本も、もちろん無関係ではない。第二次大戦時に連れてこられた朝鮮の人々、日本人として生きていくことを選んだ人々は、それこそ胸を引き裂かれるような思いで朝鮮戦争を見つめる。半島に残された親兄弟を想う。
戦争は、いかん。絶対に、いかん。またその思いが強くなった。と同時に、今の韓国の繁栄を考えると、人間ていうのはすごい物だなと、素晴らしいなと思わされた。さあ下巻はどうなるのか、神妙な気持ちで進んでいきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/08 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/15 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/16 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/09 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る