サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自滅するな日本
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: アスコム
  • サイズ:18cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7762-0725-2
  • 国内送料無料

紙の本

自滅するな日本 (オフレコ!BOOKS 2時間でいまがわかる!)

著者 ケビン・メア (著),田原 総一朗 (著/責任編集)

沖縄・普天間、日米同盟、中国・北朝鮮、原発、TPP…。アメリカはここにイラついている! 元国務省日本部長ケビン・メアが、田原総一朗と徹底議論。アメリカの本音を明らかにする...

もっと見る

自滅するな日本 (オフレコ!BOOKS 2時間でいまがわかる!)

1,028(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

沖縄・普天間、日米同盟、中国・北朝鮮、原発、TPP…。アメリカはここにイラついている! 元国務省日本部長ケビン・メアが、田原総一朗と徹底議論。アメリカの本音を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

対談・日本の安全保障、基地問題、対中戦略、TPP

2012/03/21 15:26

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:としりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ケビン・メア氏といえば、元アメリカ国務省の外交官で、沖縄基地問題、そして安保問題の専門家である。
 メア氏に田原総一朗氏がインタビュー、両氏の対談で日本の安全保障を語る。
 そもそも、なぜ沖縄に米軍基地が集中しているのか、政府・政治家の説明不足が甚だしく、理解している国民はまだまだ少ないらしい。
 2010年9月の尖閣事件の発生で、なぜ沖縄に米軍が駐留しているかが分かったという人がいた。報道されたものだが。
 そういう人は賢明である。
 今から考えても、尖閣事件の発生は日本にとって良かったと思う。
 中国の正体が日本国民の眼に明らかになり、政治家とくに民主党議員も日米同盟の重要性を思い知ったことだろう。
 日米中「正三角形論」は吹き飛んだ。

 それにしても、本書にも登場するが、鳩山由紀夫の罪は本当に重い。田原氏が指摘するとおり、ブレーンが悪かった。
 外交ブレーンとされた寺島実郎氏。
 鳩山政権発足時、彼が外交ブレーンだと聞いて、評者はこれは大変だ!と思ったものだ。評者が心配したとおりの結果になった。
 鳩山氏が混迷させた普天間問題は、このままだと移設できず基地の固定化だろう。
 普天間基地を辺野古に移設できれば、米軍抑止力は現状維持でありながら、沖縄の負担のみ軽減になるというのに!
 あらためて言うが、辺野古移設は沖縄に引きつづき負担を強いるものではなく、負担の軽減になるものである。

 さて本書後半では、対中戦略や核兵器保有問題などで、メア氏と田原氏とで激論となる。
 あれっ!どちらがタカ派?、と思うような議論まで・・・。
 総合的に、軍配が上がるのは、メア氏のほうである(と思う)。

 ところで、日本の領土問題、北方領土、竹島、尖閣諸島それぞれのアメリカの立場についての見解は明快である。
 安保条約とともに、理解を深めておきたいところだ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/15 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/03 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/06 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/25 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/25 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む