サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 栄光の岩壁 改版 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

栄光の岩壁 改版 上(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1976/11/02
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/494p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-112209-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

栄光の岩壁 改版 上 (新潮文庫)

著者 新田 次郎 (著)

戦前に幼少時を過した竹井岳彦は18歳のとき八ヶ岳で遭難し、凍傷によって両足先の大半を失う。戦後の荒廃した雰囲気の中で、青春を賭けるものは山しかないと考えた岳彦は、鴨居から...

もっと見る

栄光の岩壁 改版 上 (新潮文庫)

810(税込)

栄光の岩壁(上)

778 (税込)

栄光の岩壁(上)

ポイント :7pt / 紙の本より32おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦前に幼少時を過した竹井岳彦は18歳のとき八ヶ岳で遭難し、凍傷によって両足先の大半を失う。戦後の荒廃した雰囲気の中で、青春を賭けるものは山しかないと考えた岳彦は、鴨居からロープを吊して、まず歩行訓練をはじめる。やがて“ない足”を甦らせて、未登攀の岩壁をつぎつぎと征服し、強烈な意志の力と不屈の闘魂によって日本一のクライマーにまで成長していく…。【「BOOK」データベースの商品解説】

戦前に幼少時を過した竹井岳彦は18歳のとき八ケ岳で遭難し、凍傷によって両足先の大半を失う。だが青春を賭けるものは山しかないと考え、強烈な意志の力と不屈の闘魂によって、日本一のクライマーに成長していく…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

昭和の色濃い山岳小説

2008/01/28 23:29

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実在の登山家・芳野満彦をモデルにした山岳小説。
 主人公・竹井岳彦は日本人初のマッターホルン北壁登攀に成功する。物語はこの華々しい記録をクライマックスとするが、始まりは太平洋戦争中の少年時代からである。上下二巻、全四章からなる本編は、第一章で岳彦の登山への目覚めを描く。二章では31年正月に北岳バットレスを成功させ、山の世界で名が知られるようになるまでを、三章では恭子との出会いと結婚までを、四章ではアイガー北壁挑戦の失敗とヨーロッパ三大北壁の一つ、マッターホルン北壁制覇までを描く。
 山岳小説であるが、一章「傷ついた戦後派」では山よりも戦中・戦後の市民の生活や、空襲の様子などが描かれ、私のような戦争を知らない世代には興味深い。戦後の混乱や八ヶ岳での怪我が余計に岳彦を山へ向かわせる背景となったことは、なんとなく理解できた。当時は大学受験など目標を持てる者はよかったが、彼のように山にしか気持ちを向けられない者も多かったという。そういう人が戦後、数多くの記録的な登山をやったりすることになる。
 足の一部を凍傷で失った岳彦の登山は凄まじい。登山靴の中を血でグショグショにして困難な岩壁に挑むのである。最期のマッターホルン北壁登攀も鬼気迫るものがある。読む方も緊張の連続。しかし登頂後、栄光の岩壁を眺めながらも、彼を虚しくしたものは何であったのだろう。達成感もあるが、多くの人々に迷惑もかけた。屈折した青春時代もあった。ハンディのある足で山に登るために人一倍の努力もした。全てはこの日のためにあったのだと実感した瞬間、全ての重荷から解放されたという虚脱感のような感覚だったのか?ケジメがついたとも思えたのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/27 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/12 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/22 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/25 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/08 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/15 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/17 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/16 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/13 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/20 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/19 05:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/24 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 07:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/11 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る