サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. ヴィータ・テクニカ 生命と技術の哲学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヴィータ・テクニカ 生命と技術の哲学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 青土社
  • サイズ:20cm/486,6p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7917-6647-5
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ヴィータ・テクニカ 生命と技術の哲学

著者 檜垣 立哉 (著)

臓器移植、遺伝子操作、iPS細胞…。生命科学における「技術」の進歩は、「生命」の捉え方を大きく変貌させた。「生」のありようを考察し続けてきた著者の集大成にして、新しい時代...

もっと見る

ヴィータ・テクニカ 生命と技術の哲学

3,888(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

臓器移植、遺伝子操作、iPS細胞…。生命科学における「技術」の進歩は、「生命」の捉え方を大きく変貌させた。「生」のありようを考察し続けてきた著者の集大成にして、新しい時代の生命哲学。『現代思想』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 第一章 ヴィータ・テクニカの哲学へ
  • 第二章 生態学的転回について
    • 1 自然の非本質主義について
    • 2 ビオスとゾーエ
    • 3 エコ・バイオ・キャピタルへ
  • 第三章 生命における主体/生態における視点
    • 1 自己触発について
    • 2 内部観測について
    • 3 ドーキンスと遺伝子の自己
  • 第四章 確率・環境・自己

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

20世紀の哲学・思想の軸として描かれてきた...

ジュンク堂

20世紀の哲学・思想の軸として描かれてきた「言語論的転回」に変わり、檜垣は21世紀の軸として、「生態学的転回」を提唱する。言語や意味作用の遂行では、生命は成立しない。意味の外側、意味作用としては「無意味」である「質料(≒物質)」こそ、生命にとって不可欠であると考えるのである。
私の身体は、生殖という起源をもち、生命体としての基盤をもつ。それは徹底的に贈与されたものである。即ち、圧倒的な受動性である。我々は、テクノロジーを備えることで、そこにいかほどか能動的、自発的な行為を差し挟む。人間は、技術的な生として、「ヴィータ・テクニカ」を送らざるを得ないのである。
テクノロジーという観点から見ても、20世紀の哲学・思想は豊饒だ。ハイデガーの「ゲシュテル」がすぐに想起されるし、フーコーの言う「規律権力」もテクノロジーであり、「自己への配慮」もテクノロジーである。ドゥルーズ=ガタリにおいては、金属こそがテクネーの対象であった。
「ヴィータ・テクニカ」の思考は、生命から生気論的前提を一切奪い去る。生命の実体性極力退け、生命科学が提示する、生命の物質的な基盤への解体をそのままに肯定するのだ。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/11/16 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る