サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

異性

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 151件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/17
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02104-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

異性

著者 角田 光代 (著),穂村 弘 (著)

好きだから許せる。好きだけど許せない。カクちゃん&ほむほむの恋愛考察エッセイ。【「BOOK」データベースの商品解説】好きだから許せる? 好きだけど許せない? 男と女は互い...

もっと見る

異性

1,188 (税込)

異性

ポイント :11pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「異性」が含まれるセット商品

10代からの文学 話題作セレクション 10巻セット

10代からの文学 話題作セレクション 10巻セット

  • 税込価格:15,660145pt
  • 発送可能日:7~21日

10代からの文学 話題作セレクション 10巻セット

10代からの文学 話題作セレクション 10巻セット

  • 税込価格:15,660145pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

好きだから許せる。好きだけど許せない。カクちゃん&ほむほむの恋愛考察エッセイ。【「BOOK」データベースの商品解説】

好きだから許せる? 好きだけど許せない? 男と女は互いにひかれあいながら、どうしてわかりあえないのか。角田光代と穂村弘が、男と女についてとことん考える。『KAWADE Web Magazine』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

角田 光代

略歴
〈角田光代〉1967年神奈川県生まれ。小説家。「対岸の彼女」で直木賞、「八日目の蟬」で中央公論文芸賞を受賞。
〈穂村弘〉1962年北海道生まれ。歌人。「短歌の友人」で伊藤整文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善札幌北一条店

互いにふむふむ。でも結局は異性。

丸善札幌北一条店さん

女性側と男性側の見解をそれぞれ交互に繰り広げるエッセイ。これを友人(絶賛片思い中)から勧められて、手に取った。角田光代が巻末に言う、「ケチな男とクチャ食いする男」が途絶えない訳に絶大な支持と拍手を送りたい。きっと、わたしが男性であれば穂村氏の見解にうなずくことが多いと思う。しかしながら、わたしは女であるので角田氏に同意することが多かった。もしや、これは恋愛手引書のようなものなのか?こじらせた経験があってもなくてもぜひ手にとってみてほしい。異性に対して少し寛容になれるかもしれない。

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

スマホの怖さ、知ってますか?

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

 時代とともに移り変わるコミュニケーションツール。その方法は容易になるほど危険度を増します。
 特に「LINE」や「Twitter」などのスマホを介して投稿するサービスは、ひとつの手順で全世界へと情報が発信されてしまい、一歩間違えればあっという間に「炎上」を招いてしまいます。
 若気の至りという言葉もありますが、中にはそれだけは済まされず「事件」として発展してしまうことも…
 本書は「わが子」のための、とタイトルに書かれていますが、スマホ・LINE初心者であるならば年齢を問わず是非読んでもらいたい1冊です。
 スマホのリスクとどう付き合うか。自分や自分の大切な人の身を守るために、一度考えてみてください。

ジュンク堂書店新潟店

作家角田光代と歌人穂村弘が男と女について考察したエッセイ。

ジュンク堂書店新潟店さん

作家角田光代と歌人穂村弘が男と女について考察したエッセイ。
恋愛指南書でも恋愛小説でもなく、とことん男女についてあれこれ考察したエッセイであるのだが、
これが非常に興味深い。
こんなにも感覚的に違うものなのだなあとフムフムと読み耽ってしまうこともあれば、
クスクスっと笑ってしまうこともあれば、何故モテないかの件では、心当たりが大いにあってハッとさせられたりもしてしまった。
またその考察が二人の実体験に基づくものだからこそ実にリアルであって、
なおかつこの二人が気取ってなく、飾らない文章で書かれているので、親近感がどんどんやってきて、
途中から勝手にお友だちのような気すらしてきて、
この二人とお酒なんかを楽しみながら一緒に男女についてお話しているような感覚になってしまった。
実際には夢のような存在のお二人なので、そんなことはありえませんが。
でも少しだけなら、そんな感覚が味わえるかもしれません。
私は微かにそんな感覚が味わえました。

文芸書担当 涌井

みんなのレビュー151件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

話の展開が非常にツボ

2015/03/26 15:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

お二人の話の展開が非常にツボ。安定の穂村節に角田さんの経験が加わり繰り広げられる恋愛論。女性視点はかなり新鮮でところどころ衝撃をうけました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほむほむが意外と

2017/06/13 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サンチャイルド - この投稿者のレビュー一覧を見る

読む前は、かなり女性的視線の穂村弘さんの言葉を読めるものと期待していたが、読後は案外男性的な印象を強く感じた。むしろ角田光代さんの言葉で、私自身の女性的視線を再確認することとなったのが興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感覚の決定的なズレ

2017/07/07 11:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

異性との付き合いで思い知らされる感覚の決定的なズレ。相手の言葉や行動が全く理解できなくてショックを受けたり、苦しん経験は誰でもあるはず。
この本は、角田さんと穂村さんが自分の体験や聞いた話をもとに「男性は、女性は」と自説を披露してくれる一冊。新しい発見があったし、私なら違う見方を採用すると思う点もあって、とても面白く読ませてもらった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/29 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/08 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/28 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/16 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/25 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/06 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/16 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/01 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/02 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/27 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む