サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 60件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/04/01
  • 出版社: 原書房
  • レーベル: ミステリー・リーグ
  • サイズ:20cm/566p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04796-3

紙の本

幽女の如き怨むもの (ミステリー・リーグ)

著者 三津田 信三 (著)

戦前、戦中、戦後にわたる3軒の遊郭で起きた3人の花魁が絡む不可解な連続身投げ事件。誰もいないはずの3階から聞こえる足音、窓から逆さまに部屋をのぞき込む何か…。刀城言耶シリ...

もっと見る

幽女の如き怨むもの (ミステリー・リーグ)

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦前、戦中、戦後にわたる3軒の遊郭で起きた3人の花魁が絡む不可解な連続身投げ事件。誰もいないはずの3階から聞こえる足音、窓から逆さまに部屋をのぞき込む何か…。刀城言耶シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三津田 信三

略歴
〈三津田信三〉2001年「ホラー作家の棲む家」でデビュー。「水魑の如き沈むもの」で第10回本格ミステリ大賞を受賞。ほかの著書に「七人の鬼ごっこ」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善札幌北一条店

デビュー作から読んでいた作家さんなので...

丸善札幌北一条店さん

デビュー作から読んでいた作家さんなので、2007年に「厭魅」が『本格ミステリ・ベスト10』で
1位に選ばれた時は、なんだか我が事のように嬉しかったです。
思わず二度読みしちゃうアクロバティックな謎解きと
ジュルっとしたナマものが出てくる民俗学的ホラーのハイブリッドが
上手くいったり、いかなかったりの刀城言耶シリーズもいつの間にやら(長編)6作目。
今作は刀城が直接事件に関わらず、ある花魁の日記から過去の事件を紐解いていくという
ちょっとユルめな進行です。
いつも怖い目に遭ってるの刀城さん、今回はラクチンそう。
それより今作は、遊郭や花魁の描写が興味深く衝撃的でした。
専門の文献はもっと壮絶なのでしょうが、
そっちが気になって最後まで読めた次第です。
トリックは比較的簡単。
三津田作品なのに、普通のミステリの如き読めるもの、でした。
 
サト

みんなのレビュー60件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

遊郭、遊女、そして幽女

2021/12/30 21:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントネスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーミステリーの秀作として知られる刀城言耶シリーズの第六長編。ですが、まず目につくのは妖異魑魅の類より人間の業・怖さ。遊郭に売られてきた少女の視点で語られる話は痛々しく、引き込まれるのに読み進めるがキツイという二律背反状態に。
死者も出ますが事故の可能性が高いような描写で、そうでないにしろ推理を働かせる余地が乏しい。結果、ミステリーというより遊郭を舞台とした風俗や悲恋を描く物語プラス怪異譚という雰囲気です。……と思っていると最後のどんでん返しに足元をすくわれます。やっぱり本シリーズは本格ミステリーなのだと思い知らされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/03 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/26 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/16 08:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/25 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/06 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/09 14:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/11 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/21 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/20 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/06 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/18 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/25 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/12 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。