サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 73件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/20
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/366p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217112-0
  • 国内送料無料

紙の本

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2 book)

著者 安田 浩一 (著)

【JCJ賞(第55回)】【講談社ノンフィクション賞(第34回)】差別的な言葉を使って街宣活動を行う日本最大の「市民保守団体」在特会(在日特権を許さない市民の会)。現代日本...

もっと見る

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2 book)

1,836(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【JCJ賞(第55回)】【講談社ノンフィクション賞(第34回)】差別的な言葉を使って街宣活動を行う日本最大の「市民保守団体」在特会(在日特権を許さない市民の会)。現代日本が抱える新たなタブー集団の「闇」に体当たりで切り込む。『G2』掲載を全面改稿し、大幅に加筆して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安田 浩一

略歴
〈安田浩一〉1964年静岡県生まれ。週刊誌、月刊誌記者などを経て、フリーに。事件、労働問題などを中心に取材・執筆。著書に「ルポ差別と貧困の外国人労働者」「外国人研修生殺人事件」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー73件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

ネトウヨの分析が不十分だと思った

2012/07/23 19:03

6人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一人の2ちゃんねらー - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分は2009年ころに在特会が問題になってから、
延々と2chでネット右翼を見てきました。
まあ、ネット右翼とかネトウヨというと彼らはなぜか怒ったりします。
自分としては著者がエリートに対する嫉妬が原因で
ネトウヨになるという分析には否定的です。
ネット上では少なくともエリートに対する嫉妬は見られませんでした。
むしろ、こういう世界恐慌にあって、国内の不満を国外に向ける
という政治家のやり方は第二次世界大戦と同じだと思っています。
国内の不満がたまると社会主義革命が起きる危険性があるので、
海外を敵視するのは昔からの資産家の手口です。
そういうのは昔からの政党が煽ったと思っています。
そういうことも一切書かれていないです。
特に、自民党ネットサポーターズクラブがどのくらいの影響力を
ネット上で持っていたのかなど全く書かれていないです。
自分の分析ではネトウヨとは国家以外に誇るものがないから
ネトウヨになると思っています。
例えば自分は学者で、学者としてのアイデンティティを持っていますが、
国家以外にアイデンティティを持てない人が不況で増えたと思っています。
後は2ch全体が在特会などの新右翼の行動を絶賛していたというのは
著者の大きな間違いだと思っています。
2009年に問題になる当初から、ネトウヨなるものに、
批判的な意見も多かったです。
ただ、世界大恐慌でナチスが大等したように、
こういう大恐慌ではネトウヨが登場するのも歴史の流れの中では
必然的だと思っています。
保守的な橋下さんがかなりの支援を受けるというのも歴史の必然だと思っています。
しかし、ネトウヨなるものの裏舞台を読めたので非常に満足する書籍でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

自分の心に潜む在特会

2015/02/12 23:55

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

迫真のルポ、一気に読んだ。

在日韓国・朝鮮人を主な標的とする差別団体、在特会。その構成員は、決して特殊な人物ではない。一人一人は平凡な普通の人間。どちらかといえば内向的であり、社会との関わりで躓いている。

一人一人の心に、在特会は潜んでいる。他者への不寛容を裏返せば、それは現代社会に認められない不満であり、日本における多数派民族としての傲慢を裏返せば、それは現在の日本社会が抱える病理と不安である。

この本は、誰の心にも潜んでいる在特会、排他的感情に気づかせてくれると共に、内面と向き合うことの大切さを教えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/26 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/06 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/19 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/26 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/24 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/16 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/16 08:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/16 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/05 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/15 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/14 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/24 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/30 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る