サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 経済大国なのになぜ貧しいのか? 新聞・メディアが伝えない「洗脳経済」の真実

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

経済大国なのになぜ貧しいのか? 新聞・メディアが伝えない「洗脳経済」の真実

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: フォレスト出版
  • サイズ:19cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89451-493-5
  • 国内送料無料

紙の本

経済大国なのになぜ貧しいのか? 新聞・メディアが伝えない「洗脳経済」の真実

著者 苫米地 英人 (著)

世界経済のカースト制度がわかれば、資産は守れる! 円高、株安、デフレ、増税・税金、年金、プライマリーバランス、TPPなどに隠された「お金のウソ」をすべて暴く。【「TRC ...

もっと見る

経済大国なのになぜ貧しいのか? 新聞・メディアが伝えない「洗脳経済」の真実

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界経済のカースト制度がわかれば、資産は守れる! 円高、株安、デフレ、増税・税金、年金、プライマリーバランス、TPPなどに隠された「お金のウソ」をすべて暴く。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

建前社会構造に気が付いていない人には理解出来ないかも?

2015/07/21 22:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M マサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなか、面白い視点で、世の中を分析している、幾つかピックアップすると、世の中の景気のアップダウンは、マネーストックで調整出来る、
GDP本位制の理論が、国の経済を安定化する、政策だろう!
逆に考えると、過去の歴史の不景気や好景気等は、マネーストックの調整で起こす事も出来る。

また、東日本大震災の復興財源を、増税か国債発行か?しかし、復興国債を発行する、正論が、直ぐに、
建設国債(復興国債)の発行案廃止で、増税が全面に出てくる事に、好景気のチャンスを逃す事に、

アメリカの大統領暗殺を、ジャクソン大統領暗殺未遂、リンカーン暗殺、
通貨発行券の攻防がみえる。

通貨発行券を握った連中が巧みに、世の中をコントロールしている事が伺える、この辺は、馬渕陸男氏も、発言されている、世の中は、知らない間に、
世界カースト制度になっている、上から順に、
欧米巨大銀行オーナー、欧米巨大銀行頭取、IMF,BIS等の国際金融機関、巨大投資銀行頭取クラス、GE,エクソンモービル等の多国籍企業、アメリカ政府、各国政府(日本政府含む)、経団連等の大企業、著者はこの様に考察している、世の中をこの角度から見ていると、的はずれでもないようににも思える。やはり、日本は、建前社会構造から、抜け出せない国なのかも知れない。しかし、この状態でも、日本の国力は、衰えていない、これは、彼等の計画ミスなのか?策略道理なのか、生きている間には、答えは出ないのかも知れない。
隠謀論等に、興味のある方は、違う考察を見ることが、出来ると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/08 17:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/01 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/11 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/23 08:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/11 10:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/09 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/12 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/24 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/09 08:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/12 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/15 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/29 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/04 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経済 ランキング

経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む