サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 朝鮮民主主義人民共和国映画史 建国から現在までの全記録

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

朝鮮民主主義人民共和国映画史 建国から現在までの全記録
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/23
  • 出版社: 現代書館
  • サイズ:22cm/387p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7684-7659-8
  • 国内送料無料

紙の本

朝鮮民主主義人民共和国映画史 建国から現在までの全記録

著者 門間 貴志 (著)

北にだって面白い映画もある、怪獣映画やアニメもある。国際映画祭だってあるのだ! 決してプロパガンダ映画だけではない北朝鮮映画を全調査。知られざる隣国の知られざる映画史の全...

もっと見る

朝鮮民主主義人民共和国映画史 建国から現在までの全記録

4,104(税込)

ポイント :38pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

北にだって面白い映画もある、怪獣映画やアニメもある。国際映画祭だってあるのだ! 決してプロパガンダ映画だけではない北朝鮮映画を全調査。知られざる隣国の知られざる映画史の全貌を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

門間 貴志

略歴
〈門間貴志〉1964年秋田県生まれ。多摩美術大学卒。西武百貨店、山形国際ドキュメンタリー映画祭東京事務局を経て、明治学院大学准教授。東アジア圏を中心に映画の研究を行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

映画から見る北朝鮮。

2012/05/25 06:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画から見る朝鮮民主主義人民共和国という発想は切手から北朝鮮を見た内藤陽介氏の「北朝鮮事典」に似ている。
 「北朝鮮事典」は50音順に北朝鮮及び取り上げた事柄に関連する韓国や日本の切手を紹介しているが、この本は北朝鮮の映画を年代順に取り上げている。北朝鮮の映画の通史は北朝鮮ではないという。粛清されたり亡命したり越南して北朝鮮では触れてはいけない存在になった映画人について言及してはいけないからだが、題材的に取り上げてはいけない作品もあるだろう。一方韓国では最近まで統一院や情報機関以外は北朝鮮映画を見る事自体が禁じられていたので研究が出来なかったという。
 銃殺された女優のスチールをに中国の古書店で見つけたとあるので、著者の資料収集には頭が下がる。北朝鮮で粛清された映画人が出演していた作品は封印されるか該当箇所を撮り直したとあるが、ソ連や中国でも、そうだったのだろうか。ソ連や中国の映画については疎いが、ガリーナ・ヴィシネフスカヤの自伝を読んでいると、ソ連から亡命した後、彼女がソ連で出演していたショスタコーヴィチのオペラの映画から名前がクレジットから抹殺されていた事が書かれていたが。
 二段組みの分厚い本で、北朝鮮について描かれた本で見かけた人物以外は、馴染みがない人名が沢山出て来るが一気に読めた。
 戦後、日本人が訪朝したり北朝鮮の映画の上映会が行われた時に、北朝鮮の映画人と接触した事があるが、昭和一〇年代に「親日」的な作品に出演したり制作に関わった朝鮮の映画人と知り合った人もいたという。そういう意味では北朝鮮と日本は遠くなかった人々もいたわけだ。もっとも韓国の映画人でも同じ事が言えるだろうが。この本で再三言及される文藝峰という女優について戦前の本の復刻版でスチールが掲載されていたので当時の日本でも少しは知られた名前だったのだろうか。
 映画人ではないが、この本で言及される崔承喜や金永吉のように粛清されて多分、統制区域で生を終えたであろう人が、どういうきっかけで復権したのだろうか。スターリン死後のソ連のように大規模な「名誉回復」があったとは聞かないし。李光洙のように朝鮮戦争当時に拉致された人の遺族が訪北して北朝鮮当局から没年を知らされた例があるが、彼は「親日派」でも存在を無視出来ない人だから特別な例だろうか。
 戦前、日本で有名だった朝鮮人の文化人について読んでいると、この二人のように入北して粛清された事で触れてはいけない存在になって日本社会でも忘れられてしまった人々や張赫宙のように日本に帰化して、過去の否定される人物としてしか触れられなくなった人がいて、言及されるのが大韓民国を選んだ金素雲だけになってしまった事は、ある時代の日本と朝鮮との関係を表しているにしても、やりきれないものがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

芸術・アート ランキング

芸術・アートのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む