サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在 シカゴの黒人ファミリーと生きて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在 シカゴの黒人ファミリーと生きて
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/08
  • 出版社: 亜紀書房
  • サイズ:19cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7505-1205-1
  • 国内送料無料

紙の本

黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在 シカゴの黒人ファミリーと生きて

著者 高山 マミ (著)

貧困層から富裕層までが混在する「アメリカの黒人」の人生観・幸福観、そして暮らしとは。中産階級の黒人男性と結婚し、黒人ファミリーの中で生きる日本人女性が、差別・被差別の知ら...

もっと見る

黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在 シカゴの黒人ファミリーと生きて

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

貧困層から富裕層までが混在する「アメリカの黒人」の人生観・幸福観、そして暮らしとは。中産階級の黒人男性と結婚し、黒人ファミリーの中で生きる日本人女性が、差別・被差別の知られざる現実を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高山 マミ

略歴
〈高山マミ〉東京都生まれ。明治学院大学英文科卒業。フォトグラファー、エッセイスト。著書に「ブラック・カルチャー観察日記」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/07/03 10:19

投稿元:ブクログ

黒人=遠い国の人。
差別=遠いアメリカの昔の話。

そう思ってしまう人が日本ではまだ多いのではないか。

そんな人たちに、黒人アメリカ人と結婚した高山マミはアメリカにおける現在の黒人コミュニティを紹介してくれます。
難しい言葉でではなく、エッセイのようなスタイル。
彼女自身の経験も交じえながら書かれているので、すらすらと読み進められます。

黒人アメリカ人がどんなことを考え、思い、どんな暮らしをしているのか、この本を通じて触れてみてください!(^O^)/

2012/07/04 21:08

投稿元:ブクログ

アメリカ黒人と結婚した、日本人フォトグラファーの著者。
白人ではないものとして受け入れられた、黒人コミュニティの日常を教えてくれます。

白人社会の保護を受けながら、白人を迎合しない。
コミュニティを大切にするが故、限られた世界で生きている。

それを文化といえば、守るべきものかもしれないけれど、差別の歴史を考えると複雑な気持ちになります。

国家 ランキング

国家のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む