サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/12
  • 出版社: アスペクト
  • サイズ:15cm/155p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7572-2070-6
文庫

紙の本

作家の本棚 (アスペクト文庫)

著者 ヒヨコ舎 (編)

あの作家の本棚をのぞいてみませんか? 純文学、短歌、エッセイ、ミステリ、SF、ファンタジーなど、様々なジャンルで人気を博す総勢14人の作家の本棚と、本や本棚への想い・こだ...

もっと見る

作家の本棚 (アスペクト文庫)

税込 838 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あの作家の本棚をのぞいてみませんか? 純文学、短歌、エッセイ、ミステリ、SF、ファンタジーなど、様々なジャンルで人気を博す総勢14人の作家の本棚と、本や本棚への想い・こだわりを紹介します。〔「本棚 1・2」(2008年刊)の改題,再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

角田光代 角田光代 述 8−17
山崎ナオコーラ 山崎ナオコーラ 述 102−113
山本幸久 山本幸久 述 114−121

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

覗き見の愉悦

2012/05/24 21:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:インザギコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

他人の本棚を覗くというのは、元来あまり褒められた行為ではない。でもやっぱり気になる。とくに自分が好きな作家の本棚なんてぜひ見てみたい。そんな覗き見趣味を満たしてくれるのがこの本。

桜庭一樹と石田衣良の本棚は前にテレビで見たことがあった。石田衣良の書斎はいいなあ、といつ見ても憧れる。広々としたスペースに壁一面の本棚。本がすべて背表紙が見えるのがうらやましい。前後に重ねてないのは、いいなあ。桜庭一樹の家はもっとすごかった。玄関まで本がびっちり。その後結婚して引っ越しただろうが、大量の本も一緒に移動したんだろうか。気になる。

広々といえば、本書に最初に登場する角田光代の仕事部屋もすっきりしていていい。窓からの景色はどんなんだろう? 角田は旅に出るときに一か月だと5冊、2週間だと3冊ほど本を持っていくという。ミステリだとあっという間に読み終わってしまうので、いつもはなかなか読めない文芸作品を持っていくんだという。わたしも旅に出るときは、持参した本が全部読み終わってしまうのが怖いので、原書(読むスピードが日本語より落ちる)を見込みより多めに持っていく。案の定、読まずに持って帰ってくる本が必ずあるけれど、それでも、それまで読めなかった本が読めたのは嬉しいのだ。

山本幸久は書店のカバーをつけたままにしておくという。そういえば、わたしも実家にいたときはそうだった。今も数冊書店のカバーがかかった文庫が残っているが、今はなくなってしまった書店のもの、実家のそばにあってよく通った書店のものは、いい思い出のよすがとなっている。

何人かの書棚に武田百合子の『富士日記』があった。ファンが多いんだなあ、と嬉しくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/09 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/11 06:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/09 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/25 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/13 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/19 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/20 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/13 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/29 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/21 08:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/09 02:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/09 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/11 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。