サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/12/6~2022/1/12)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/04/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/375p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277254-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

軍師の挑戦 上田秀人初期作品集 (講談社文庫)

著者 上田 秀人 (著)

信長を圧倒していた今川義元は、なぜ、進路を桶狭間に変えた?軍師黒田官兵衛はその真相に慄然とする(「乾坤一擲の裏」)、坂本龍馬を死に追いやった黒幕に勝海舟が迫る(「たみの手...

もっと見る

軍師の挑戦 上田秀人初期作品集 (講談社文庫)

税込 770 7pt

軍師の挑戦 上田秀人初期作品集

税込 770 7pt

軍師の挑戦 上田秀人初期作品集

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.3MB
Android EPUB 4.3MB
Win EPUB 4.3MB
Mac EPUB 4.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

信長を圧倒していた今川義元は、なぜ、進路を桶狭間に変えた?軍師黒田官兵衛はその真相に慄然とする(「乾坤一擲の裏」)、坂本龍馬を死に追いやった黒幕に勝海舟が迫る(「たみの手燭」)など、歴史上の謎に果敢に挑んだ短編八本。「奥右筆秘帳」で人気街道を走る著者の若き日の魅惑の作品群。文庫オリジナル。【「BOOK」データベースの商品解説】

信長を圧倒していた今川義元は、なぜ進路を桶狭間に変えたのか? その真相に軍師・黒田官兵衛が迫る「乾坤一擲の裏」、勝海舟が龍馬暗殺の真犯人をあぶり出す「たみの手燭」など、歴史の謎に果敢に挑む短編全8編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

桶狭間、忠臣蔵、桜田門……歴史を変えた事件にひそむ謎を大胆に解き明かしていく。推理する歴史探偵もまた、後世の歴史上の人物がつとめる。興趣あふれる厳選八編。
桶狭間の戦いで圧倒的有利な今川義元は、なぜ後退したのか? ーー秀吉の軍師黒田官兵衛が解く。
稲葉正休は親しい筆頭老中堀田正俊を、なぜ斬りつけたか? ーー六代将軍家宣の執政新井白石が解く。
田沼家と佐野善左衛門の遺恨にかかわりながら生き残ったのは? ーー太田備中守を一人の座頭が追い詰める。
吉良邸から逃げ出した寺坂吉右衛門が手厚く葬られた理由は? ーー浄瑠璃作者竹田出雲の達した結論。
茶聖千利休はなぜそこまで関白秀吉の怒りを買ったのか? ーー不昧公松平出雲守治郷が茶人として推理する。
京の近江屋で襲撃された坂本龍馬は誰に殺されたのか? ーー盟友勝海舟が龍馬殺しの暗部に迫る。
雪の桜田門外で井伊直弼襲撃を企てた背景にいた者は? ーー勝海舟の好敵手小栗忠順が真相に気づく。
最後まで抵抗した開陽丸の榎本武揚の真意とは? ーー榎本を英雄視していた福沢諭吉はある疑念を抱く。【商品解説】

目次

  • 乾坤一擲の裏
  • 功臣の末路
  • 座頭の一念
  • 逃げた浪士
  • 茶人の軍略
  • たみの手燭
  • 忠臣の慟哭
  • 裏切りの真
  • あとがき

収録作品一覧

乾坤一擲の裏 7−51
功臣の末路 53−98
座頭の一念 99−133

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

上田秀人の今後を占う初期作品集

2012/07/01 21:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上田秀人の初期の作品集である。とはいっても最近文庫本で出されている長編ではない。時代物短篇集と言った方が適切である。初期とあるが、実際にはまだデビュー前の作品だそうである。したがって、内容的にはまだまだ練れていないのだろうという先入観があった。

 本書には8つの短編が収められている。テーマとなっているのは、織田・秀吉はもちろん含まれるが、黒田官兵衛、新井白石、竹田出雲、勝海舟、小栗上野介、福沢諭吉など多彩である。新井白石など後の小説の肥しにでもなっているような書きっぷりである。

 いずれの話にも定説がある。あるいは史実と言ってもよい。しかし、上田はまだ謎を秘めた歴史の一幕にメスを入れたのである。歴史上のストーリーの中にも、そこに登場する主人公が何を考えてそうしたかがどう考えても不明なものも多い。そこを上田流の小説家としての推理を働かせて記述したものである。したがって、一話一話は短いが、そこに至る推理としてはなかなか読ませる仕上がりになっている。

 こういう類の推理話はなかなか読者の興味を引くものである。長編推理小説も結構であるが、こういう短編ものも密度が濃く、十分読み応えのあるものになるであろう。是非、同じようなシリーズを今後も発表してもらいたいものだと思う。長編推理小説だけでは読者に飽きが来ることは間違いないからだ。

 本編に載せられているストーリーの中で、「乾坤一擲の裏」というテーマが第一話に登場する。今川義元が調子良く織田信長を攻めていた際に取った作戦についての謎である。秀吉の軍師である黒田官兵衛が今川のとった行動について思い悩むのである。この一編はもう少し分かりやすく書けなかったのかという印象が残る。とくに始まりの部分は整理がなされていないような気がする。

 時代の範囲から言えば、8短編の中に福澤諭吉や勝海舟など幕末から明治維新にかけての大物が登場する。私自身はほとんど興味がないが、上田には幕末物や維新物における長編を書く準備が整っているといってもよいのではなかろうか。

 江戸時代を得意としているように見えても、上田はそれ以外の時代も視野に入れて勉強も積んでいるといっても良いのかもしれない。いずれにしても上田の今後が楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し骨休みにちょうど良い一冊。

2012/05/27 17:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

少し骨休みにちょうど良い一冊。

歴史ミステリーの短編8作品。

戦国時代から、江戸期、幕末、明治期までと時代背景は幅広いです。どの作品も、歴史上の「なぜ」という部分に焦点をあてて、独自の解釈により謎ときされています。

構成はだいたい同じで、謎解きをする歴史上の有名人が、「事件」の謎に挑むという形です。パターンが決まっている作品集は、最初のいくつかを読むとそのうち飽きがくるものですが、本作品の場合、最後まで飽きずに読むことができました。

例えば、「たみの手燭」では、幕末の最大のミステリー「龍馬を暗殺したのは誰か」に勝海舟が挑みます。

謎解きは、最近、いくつかの書籍でもちらほら見られる説ですが、状況証拠から推理していくところはなかなか説得力があります。

どの短編も著者上田秀人氏のデビュー前の作品ということです。短編ということで、ストーリー展開にやや荒削りの部分はあるものの、十分楽しめる内容でした。

龍.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/10 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/20 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/18 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/26 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/13 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/10 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/12 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/09 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/01 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/06 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/24 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/24 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。