サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販 全商品対象 ポイント最大10倍キャンペーン ~9/20

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 自然科学・科学史の通販
  5. 海鳴社の通販
  6. オリヴァー・ヘヴィサイド ヴィクトリア朝における電気の天才 その時代と業績と生涯の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/17
  • 出版社: 海鳴社
  • サイズ:22cm/559p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87525-288-7
  • 国内送料無料

紙の本

オリヴァー・ヘヴィサイド ヴィクトリア朝における電気の天才 その時代と業績と生涯

著者 ポール J.ナーイン (著),高野 善永 (訳)

19世紀後半で最も物理学と電気工学に貢献し、マクスウェルの方程式を定式化したオリヴァー・ヘヴィサイド。最高レベルの仕事を成し遂げ、権力者や知的エリートに一歩も譲らず論争を...

もっと見る

オリヴァー・ヘヴィサイド ヴィクトリア朝における電気の天才 その時代と業績と生涯

税込 5,500 50pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀後半で最も物理学と電気工学に貢献し、マクスウェルの方程式を定式化したオリヴァー・ヘヴィサイド。最高レベルの仕事を成し遂げ、権力者や知的エリートに一歩も譲らず論争を行った男の業績と生涯に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

オリヴァー・ヘヴィサイドはヴィクトリア朝期ロンドンに生まれる...

ジュンク堂

オリヴァー・ヘヴィサイドはヴィクトリア朝期ロンドンに生まれる。貧困層に生まれ劣悪な生活環境と猩紅熱による難聴が彼を襲う。学校に通うが、幾何学の公理に不満を表し「ユークリッドは最悪」「幾何学は茶番」と罵って16歳で後にする。電信会社に就職するが6年しか続かず、主任技師の地位を投げ打ってマクスウェルの電磁場理論の探求に生涯を捧げる。しかも独学で。
 当時は実用的な電気技術者と数理物理学者とが対立していた。郵政公社のボス・プリースと激しく論争し「えせ科学者」と軽蔑した。マクスウェルの理論を現在の形に整理し、プリースを打ち負かそうと雑誌への寄稿を繰り返す。また四元数に関する論争は演算子を編み出すも多くの純粋数学者の反発に遭い「厳密な数学は狭く、物理的な数学は奔放で広い」と言い放つ。
 装荷コイルによる伝送線路の改善を唱え、無線電波の研究で大気層に自分の名を残した奇妙人は精神錯乱を発症し苦痛に満ちた最期を迎える。死後30年経って旧居の屋根裏部屋から紙くずのような膨大な計算式の山が見つかる。
 序文、注釈、訳注とも充実した500Pを超える大著だが、著者・訳者の並外れた情熱に感動する。

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。