サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/20
  • 出版社: 弦書房
  • サイズ:21cm/164p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86329-073-0

紙の本

丸山豊の声 輝く泥土の国から

著者 松原 新一 (編著)

軍医としてビルマなどに従軍、戦後は開業医の傍ら、詩誌『母音』を刊行し、谷川雁・森崎和江・川崎洋らを輩出した丸山豊。その声に耳を傾け、伝えようとしたこと、目指したことは何だ...

もっと見る

丸山豊の声 輝く泥土の国から

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

軍医としてビルマなどに従軍、戦後は開業医の傍ら、詩誌『母音』を刊行し、谷川雁・森崎和江・川崎洋らを輩出した丸山豊。その声に耳を傾け、伝えようとしたこと、目指したことは何だったのかを縦横に語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

詩人そして父 7−12
丸山豊が語る 丸山豊 述 13−45
丸山豊・人と文学 山本源太 述 47−107

著者紹介

松原 新一

略歴
〈松原新一〉1940年神戸市生まれ。京都大学教育学部卒業。「亀井勝一郎論」で第七回『群像』新人文学賞(評論部門)受賞。著書に「沈黙の思想」「大江健三郎の世界」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ためされる愛。

2012/04/26 15:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いまや、テレビやインターネットの普及でいずこがこの方言の生まれ場所なのかわからない時代になった。「うざい」「めっちゃ」はいまや全国区の言葉になり、「とっとっと」は博多だけではなく長崎でも使います、とばかりにコマーシャルでアピールする。この一冊は、福岡県久留米地区の方言で綴られている。対談をテープ起こしし、それを日本全国の読み手を意識せず、そのまま。九州の方言、それも久留米地区の方言に初めて接する人には難しいかもしれない。しかし、これがなんとも、味があるというか、土の匂いがする対談集となっている。
 この対談集の読み始めに付箋を貼ったのは42ページ、倉田まり子の「愛ってためされねばならないものなのでしょうか」というところだった。かつて、芸能界のアイドルとしてテレビの歌謡ショーに出ていた彼女が突然に姿を消した。「投資ジャーナル事件」という経済至上主義事件だった。カネさえあれば何でも手に入れた北浜の相場師、カネを得るため芸能界に身を投じた倉田まり子。その両者の出会いの過程で倉田まり子が発した「愛」の言葉は、憐れのなにもでもない。
 医師で詩人の丸山豊はこの倉田まり子の言葉に、「生意気な」と感じた。しかし、口をつぐんだ。後に、「投資ジャーナル事件」でその言葉の意味を知るが、詩人にとって倉田の言葉は何か嚥下せねばならないインパクトがあったのだろう。
 詩人の谷川雁の「二度と行かん」という言葉についても、丸山は声を荒げて指摘はしていないが、遠回しに批判している。ハンセン病療養施設の詩の会に行き、その療養所の様を見て谷川が吐いた言葉が「二度と行かん」だった。「言葉にくるしむ世界だ」と谷川は続けたが、これについて丸山は表現者の弱音の言葉ととらえた。あれほどの詩人である谷川雁でも言葉に窮する世界ということだが、谷川の才能を認めているからこそ、口を開かず、正面から批判を抑えたのだろう。詩人は代弁者であるはず、そう丸山は谷川に伝えたかったと思うが。
 倉田まり子は「カネ」にためされ、谷川は「言葉」にためされた。その両者を見た丸山豊を語るには、やはり土の言葉、方言でしか言い尽くせない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。