サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/05/11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-292109-1
文庫

紙の本

ヘーゲル「精神現象学」入門 (講談社学術文庫)

著者 加藤 尚武 (編)

野心的な哲学像の実現に挑んだヘーゲルの苦闘の跡とは? 近代西洋哲学史上、最も重要にして最も難解とされる大著「精神現象学」の核心を、精緻な読解と丁寧な解説で解き明かす。【「...

もっと見る

ヘーゲル「精神現象学」入門 (講談社学術文庫)

税込 1,353 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

野心的な哲学像の実現に挑んだヘーゲルの苦闘の跡とは? 近代西洋哲学史上、最も重要にして最も難解とされる大著「精神現象学」の核心を、精緻な読解と丁寧な解説で解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

「意識」から「絶対知」へ
ギリシャ以来の壮大な知の体系の再構築に挑んだ、哲学史上最も難解にして重要な著作へのいざない

感覚、知覚、悟性、自己意識、理性、精神。意識は経験をとおして高次に向かい、「絶対知」へと到達する――。近代西洋哲学史上、最も重要にして最も難解とされる大著の核心を、精緻な読解と丁寧な解説で解き明かす。「絶対的な真理」を秘めた神話的な書物という虚妄のベールを剥いで立ち上がる、野心的な哲学像の実現に挑んだヘーゲルの苦闘の跡とは。

非常に難解ではあるが、マルクスやサルトルを魅了し、ハイデガーもけっして無視することができなかった、この哲学史上の名著を、誰でも読めるように、引用と要約と解説を組み合わせて、全体の面白さがわかるようにしたいというねらいだった。さまざまな迷路があり、高台があり、行き止まりのところがあるという、複雑に入り組んだ『精神現象学』という世界の名所案内と地図とを兼ねた書物にしたいと思った。――本書「はしがき」より

※本書の原本は、1996年1月、有斐閣より『ヘーゲル「精神現象学」入門〔新版〕』として刊行されました。
【商品解説】

目次

  • はしがき
  • 序にかえて――『精神現象学』の意義と位置
  • 序章 『精神現象学』の成立をめぐる謎
  • 第一章 『精神現象学』の基本概念――「序文」と「緒論」
  • 第二章 知と対象の関係構造――意識
  • 第三章 他者との関係のなかで思索し、生きる自覚的な存在――自己意識
  • 第四章 世界を自己とみなす自己意識(1)――観察する理性
  • 第五章 世界を自己とみなす自己意識(2)――行為する理性
  • 第六章 和解に至る「精神」の歴史
  • 第七章 精神の自己認識の完成――宗教

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ヘーゲルの思想を知るための入門書です!

2020/03/26 10:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、フィヒテやシェリングと並んでドイツ観念論を代表する思想家であるヘーゲルによって著された『精神現象学』の内容を分かり易く解説した書です。この『精神現象学』は、主観的精神、すなわち意識、自己意識、理性といったものから客観的精神、すなわち法、道徳、学問といったものを経て、絶対知(哲学)へと発展する過程を描いた大著で、後に、精神と宗教という章も加えられています。同作は、イェーナ期の思索の完成であり、ヘーゲル思想がよく語られています。ヘーゲルの考え、思想を知るために、ぜひ、読んでいただきたい一冊です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

入門書?

2017/05/22 10:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「絶対知とは自分を精神の形態で知る精神であり、概念的に把握する知である」とか「真理とは動的な均衡であり、共同の主観性である」などと論ずる本書が入門書とは、ヘーゲル哲学恐るべし。みんなで同意したことが本当に真理であり絶対知なのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本書>金子武蔵>竹田&西メチエ>長谷川メチエの順に難しい。

2015/02/06 16:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:眠いひと - この投稿者のレビュー一覧を見る

各章を違う人が書いているため、それぞれの個性が出ている。とはいえヘーゲル精神現象学の入門書はどれも執筆者の個性が強く出ているので、あらかじめリアル書店などで目を通しておくことをすすめる。著者がアカデミシャンで内容が一番ニュートラルなのは金子。本書もちゃんとした研究者が書いているが、やっぱアクが強い。ガチでヘーゲルに取り組みたい人にはいいと思う。教養程度なら他をすすめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/06 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/07 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。