サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 71件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/05/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/653p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277263-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ドーン (講談社文庫)

著者 平野 啓一郎 (著)

【Bunkamuraドゥマゴ文学賞(第19回)】人類初の火星探査に成功し、一躍英雄となった宇宙飛行士・佐野明日人。しかし、闇に葬られたはずの火星での「出来事」がアメリカ大...

もっと見る

ドーン (講談社文庫)

税込 1,100 10pt

ドーン

税込 1,100 10pt

ドーン

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.5MB
Android EPUB 4.5MB
Win EPUB 4.5MB
Mac EPUB 4.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【Bunkamuraドゥマゴ文学賞(第19回)】人類初の火星探査に成功し、一躍英雄となった宇宙飛行士・佐野明日人。しかし、闇に葬られたはずの火星での「出来事」がアメリカ大統領選挙を揺るがすスキャンダルに。人間の真の希望を問う感動長編。【「TRC MARC」の商品解説】 人類初の火星探査に成功し、一躍英雄となった宇宙飛行士・佐野明日人。しかし、闇に葬られたはずの火星での“出来事”がアメリカ大統領選挙を揺るがすスキャンダルに。さまざまな矛盾をかかえて突き進む世界に「分人」という概念を提唱し、人間の真の希望を問う感動長編。Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

目次

  • 第一章 それぞれの物語
  • 1 重力の楽園
  • 2 宴の仄暗い片隅で
  • 3 女オデュッセウス
  • 4 “ニンジャ”
  • 5 ディヴィジュアルズ dividuals / divisuals
  • 6 なくした二年半
  • 第二章 惑星と惑う人々
  • 7 あの日、国際宇宙ステーションで、君は、……

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー71件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

分人とは何か!

2016/11/15 23:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こけさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

純文学とは思えない面白さです。特に印象的だったのは、リリアンがアストーと話している所で非常に個人的な側面を持つ分人が社会に対する分人を持つべきだという発言です。作者のいう分人は個別的な面が強く、到底社会の連帯につながるとは思えなかったので、そのような可能性もあるのかと希望を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し変わった火星探査の話

2015/01/26 22:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:falcon - この投稿者のレビュー一覧を見る

有人火星探査の宇宙旅行中の、宇宙飛行士の心理的な揺れ動きや葛藤の描写が多いのですが、アメリカ大統領選挙や、テロリストとの戦いも大きな話の流れに組み込まれていて、全体的に興味深く読み進めることができました。
「分人」という考え方をベースに人間関係の描写が進むのですが、この考え方をどう感じるかでこの本の面白さも変わってくると思います。
単純なエンターテイメントではなく、少し考えさせられながら読む宇宙旅行の話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

罪の告白

2017/06/23 15:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFの要素もあるスケールのでかい物語。有人火星探査の秘密、アメリカ大統領選挙、監視社会の価値観などが絡み合う。
テーマは罪の告白について。結構現実的にメソッドじゃないけどそんな感じで書かれていて、救われる人もいるのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

『決壊』からの『ドーン』

2019/12/05 22:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作『決壊』は救いのない物語でしたが、今作『ドーン』は、少々強引にカタルシスを持ってきた印象を受けました。電車に飛び込もうとし、助けられるエピソードは『決壊』と対照的に描く上で必要だったのでしょう。
『決壊』の中では分人主義という言葉は出ずとも、登場人物の語りやストーリー展開で読者に訴えるものがありました。『ドーン』では分人主義という単語が、多用され食傷気味…
『決壊』は救いはなくとも、真に迫ったというか、真を突き尽かされました。その分読後にはダメージが残りました…
『ドーン』は作者の主義主張を述べる為には必要な作品であったのでしょうが、小説という形式に載せざるを得ない切実さは感じませんでした。
また、分人主義という考え方は、昔から八方美人などの言葉があるように、別段新しい発見でもありません。
それをアメリカ大統領選挙や有人火星探査機という大袈裟なモチーフの中で延々と語る必要があったのか疑問です。
小説というのは、語るべきところは語り、語らざるべきことは語らず読者に委ねるという落差が必要なものと、私は考えています。『ドーン』は語りすぎです。しかも、かなりのしつこさで。
宇宙船という密閉空間で六人のクルーが二年半過ごすという過酷な環境を、特に精神面でのキツさを描ききったのは、さすがの筆力だなと感服しました。
最後に…
この作品『ドーン』は小説の形を借りた平野啓一郎さんの演説本と捉えた方が良いでしょう。
『決壊』が後味悪くとも、小説でなければならなかった切実さがあったのとは対照的です。難解な言葉や文章を遣い、読者の体力を使わせるのには見合わない内容です。
私の小説を読むにあたっての分人の魂は何も揺さぶられませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/05 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/15 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/15 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/28 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/25 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/30 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/24 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/06 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/03 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/25 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/15 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。