サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

死せる獣 殺人捜査課シモンスン (HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS)

著者 ロデ・ハマ (著),セーアン・ハマ (著),松永 りえ (訳)

コペンハーゲン警察殺人捜査課課長コンラズ・シモンスンは、突然休暇から呼び戻された。学校の体育館で、謎の配置と仕掛けで首を吊られた男性五人の遺体が見つかったからだ。早期解決...

もっと見る

死せる獣 殺人捜査課シモンスン (HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS)

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コペンハーゲン警察殺人捜査課課長コンラズ・シモンスンは、突然休暇から呼び戻された。学校の体育館で、謎の配置と仕掛けで首を吊られた男性五人の遺体が見つかったからだ。早期解決の重圧が刑事たちにのしかかる。だが、被害者の身元特定が進まぬうち、殺された男たちは小児性愛の常習犯で、当然の報いを受けたのだ、という噂が広まり、犯人擁護の世論が巻き起こる。妨害もあり、捜査はさらに難航。そこでコンラズは、世論を逆手にとって、犯人をおびきよせる罠を仕掛けようとするが…。全世界注目の大型警察小説登場。【「BOOK」データベースの商品解説】 学校の体育館で、謎の配置と仕掛けで首を吊られた男性5人の遺体が発見された。コペンハーゲン警察殺人捜査課課長コンラズ・シモンスンたちに事件の早期解決の重圧がのしかかるが、殺された男たちについての妙な噂が広がり…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロデ・ハマ

略歴
〈ロデ・ハマ〉看護師として活躍していたが、五十代にして作家を志し、「死せる獣」でデビュー。
〈セーアン・ハマ〉大学講師として活躍していたが、五十代にして作家を志し、「死せる獣」でデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

話題のデンマークミステリながら、重訳なのが残念。

2016/02/28 15:03

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

これも話題のデンマークミステリであります。
ある小学校の体育館で、男性が5人無残な姿で吊るされているのが発見される。
遺体の損傷が激しいため身元の特定が難航する中、被害者たちは小児性愛者だから罰せられたのだという噂が広まり、性犯罪者への厳罰を求める世論が膨れ上がり犯人擁護につながっていく。 警察は四面楚歌の中、犯人を追及していく・・・という話。
デンマークもご多分にもれず性犯罪者への処罰がゆるめの国らしい(作中では一般人が「アメリカを見習え!」とデモを起こしたりしています)。 日本では厳罰化の流れになってきたけどまだまだだし(個人的には最高刑は死刑でいいんじゃないですかと思ってますが)。
なんというか・・・性犯罪者、特に小児性愛者に対する風当たりの強さ(といえばまだまだ穏やかに聞こえますが)は世界共通ですか? もうリンチもOKですか?、という感じ。
気持ちはわかるんですけど・・・仮にも法治国家を名乗る以上は裁判で決めましょうよ、という考えではあります(その裁判をもうちょっと何とかしようよ、ということで)。 ただミステリとしては<同情されない被害者:第一位>ではありますな。

殺人捜査課のリーダー・シモンスンと個性豊かすぎる部下たちの様子と犯人側の様子が交互に描かれるので「誰が犯人か・フーダニット」的なスリルはありませんが、さすがヨーロッパ、個人主義が徹底してるよ!、というのがシモンスンとその部下たちの会話からわかり、「日本ではちょっと考えにくいな・・・」というところも多々。 それが外国の作品を読む面白さであるし、日本では考えられないけどだからって日本が正しいわけじゃないんだよな(向こうが正しいというわけでもないけど)、と考えさせてくれる面白さ。
少なくとも明らかに非のある部下が上司に叱責されて、「一方的に非難されるのはいい気持ちではないです」みたいなことを言ってしまう・言えてしまう空気ってすごい。
事件そのものよりも上司と部下たちの関係性の方が面白かったかも。

これもシリーズ作品なので順次翻訳されるのかもしれませんが、フランス語版からの日本語訳なんですよね・・・デンマーク語から直で訳せる人を育てることも北欧ミステリブームをブームで終わらせないために必要だと思うなぁ。

“死せる獣”とは誰のことなのか、それを考えるとまた趣深い。(2013年3月7日読了)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/09 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/29 08:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/12 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/28 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/01 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/31 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/30 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/10 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/21 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。