サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ふたりの距離の概算(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 288件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/06/20
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-100325-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ふたりの距離の概算 (角川文庫 <古典部>シリーズ)

著者 米澤 穂信 (著)

2年生となった奉太郎たちの古典部に仮入部した新入生・大日向友子。だが彼女は、突然部を辞めてしまう。奉太郎は、入部締め切り日のマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理...

もっと見る

ふたりの距離の概算 (角川文庫 <古典部>シリーズ)

596(税込)

ふたりの距離の概算

583 (税込)

ふたりの距離の概算

ポイント :5pt / 紙の本より13おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.9MB 無制限
Android EPUB 6.9MB 無制限
Win EPUB 6.9MB 無制限
Mac EPUB 6.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2年生となった奉太郎たちの古典部に仮入部した新入生・大日向友子。だが彼女は、突然部を辞めてしまう。奉太郎は、入部締め切り日のマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する! 【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー288件

みんなの評価4.2

評価内訳

電子書籍

成程なーと思った

2016/02/22 13:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宮村みやこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

二人の距離って奉太郎と千反田えるの間の距離の話かと思ったけど福部 里志と伊原 摩耶花、大日向とえる、大日向と彼女の中学時代の「友達」の物理的距離、心理的距離も含んでいたようです。退部を決心した大日向の勘違いと自分のせいだと勘違いした千反田えるの勘違いで奉太郎が最後の最後に二人の間の勘違いを解消させるまでのもんもんとした心理をよく描いていると思うな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

解釈が個を生成する

2015/09/17 16:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

年度が改まり、神山高校古典部は新入部員を迎える時期となった。しかし、特に何か活動をしているともいえない古典部は、アピールできる要素もなく、形式的に募集をかけているだけに過ぎない。だがそんな部活にも、声をかけてくる新入生がいた。それが大日向友子だ。
 仮入部をして、伊原摩耶花や福部里志、千反田えるとそれぞれ友好的に関係を築いていたはずの大日向友子だったが、マラソン大会の前日に、本入部をやめると言って出て行ってしまった。

 その現場にいたのは、大日向友子と千反田える、そして折木奉太郎だ。しかし奉太郎は、本を読んでいてほとんど何も覚えていない。ただ分かっているのは、千反田えるが自分が彼女の心証を害することをして、退部に追い込んでしまったと思い込んでいることだけだ。
 だが奉太郎にはそれが納得できない。千反田えるが後輩を影で追い込むような陰険な人物だとは信じられないのだ。そこで彼は、マラソン大会の当日、クラス別に時間差で出発することを利用して、当事者たちに話を聞きながら、真相を解明しようとするのだった。

 タイトルにはいくつかの意味が込められていると思われ、文字通りの意味と抽象的な意味、そして皮肉がミックスされているように感じる。特に最後の点を指摘するならば、個人間の関係はともかく、多対多の関係としては、古典部はあまりにも表層的な関係しか築けていなかったのだろう。
 そもそも、同じ現象があったとしても、それから個人が受け取る意味は個人に依存するし、相手が何を考えているかを正しく察することはほぼできない。同じ言葉を発しても、それを善意とも悪意とも受け取る余地があるのは、受け手に善性と悪性が内包されているからなのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高!

2012/10/07 23:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pongu - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり穂信さんの氷菓シリーズはおもしろい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高校って良いなぁ

2012/11/23 20:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名 - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤さんの本はいつ見ても面白いですね。 古典部シリーズはアニメと小説の両方を見ましたが、アニメの方は原作のイメージを崩す事無く、凄く綺麗に描かれていると思いました。
 この小説は「ボトルネック」と比べるとすこしハラハラ感に欠ける気もしましたが、学生時代の思い出を鮮やかに思い出せる、良い小説だったと思います
 星ヶ谷杯という名前が絡んでくるのかと思いましたが、関係無かったです(笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良かった!! けど・・・

2012/07/04 23:36

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サクちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典部シリーズは大好きで全部揃ってます(氷菓だけ行方不明w)。なので今作も大変よかったです。但し、話がマラソン大会中に1つの謎を解くという事に尽きていたので、物足りなさを感じています。自分としてはいくつかの事件を解決する短編物が好みですが。オススメはします!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古典部シリーズ第5弾

2017/10/22 18:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

マラソン大会の当日に新入生退部の原因を探るところが面白かったです。すれ違っていく高校生の姿には一抹のさみしさもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんだか老成し過ぎじゃないのかホータロー(笑)

2017/08/20 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

「古典部」シリーズの5作目です。

古典部の4人も2年生になり後輩もできましたが、今作の「折木奉太郎」はなんだか老成という言葉が浮かぶほど出来上がってしまってました。

探偵役を積極的に避けていた彼が今回はもう完全な探偵です、それも名探偵を演じていました。
そのこともあり、今回のエンディングでの彼の推理の披露はもう探偵小説の王道的なもので私には一番スッキリした結末でした。

タイトルの中の「ふたりの距離」が何を意味しているのか、最後まで私は違うことを考えていたので、心地よいやられた感もあった作品です。

今、私が手にいれた「古典部」シリーズはここまでなのですが、6作目も出ているようなので近いうちに手にいれて読んでみようと思っています。
何せ健全な男子高校生であるはずの「折木奉太郎」に一切色恋の患いがないことが不思議というか心配になってきたもので(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心の距離

2015/03/22 05:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は『ふたりの距離の概算』か。毎度思うけど本当にタイトルが秀逸。回想が多かったのと古典部員との絡みがあまりなかったのが残念。心の距離はいつになっても測るのが難しい。次巻ではホータローの姉貴の登場に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

せつなさが心地よい

2013/09/29 17:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

思い込みと疑心暗鬼によりすれ違っていく様が悲しいけれど心地よく青春の中の一ページでのようで面白かったです。
古典部シリーズの学生生活でよくある1ページが懐かしい風を吹かしてくれたような気持になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/26 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/06 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/30 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/22 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/27 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/26 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る