サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

台湾海峡一九四九
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/06/22
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/434p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-08216-4
  • 国内送料無料

紙の本

台湾海峡一九四九

著者 龍 應台 (著),天野 健太郎 (訳)

現在の台湾社会を構築するすべての要素が出揃った1949年。戦争、内戦という苛烈な社会情勢のなか、台湾の人びとが下したささやかな決断と、それがもたらした壮絶な流浪の軌跡を描...

もっと見る

台湾海峡一九四九

3,024(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現在の台湾社会を構築するすべての要素が出揃った1949年。戦争、内戦という苛烈な社会情勢のなか、台湾の人びとが下したささやかな決断と、それがもたらした壮絶な流浪の軌跡を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

龍 應台

略歴
〈龍應台〉1952年台湾生まれ。カンザス州立大学で英米文学博士号取得。作家、評論家。2005年龍應台文化財団設立。新竹清華大学教授、香港大学教授を歴任。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店池袋本店

台湾の1949年といえばまさに台湾史上の大転換点で

ジュンク堂書店池袋本店さん

台湾の1949年といえばまさに台湾史上の大転換点で、蒋介石国民党政府が台湾へ撤退した年だ。このタイトルだけでこの本がどれだけのドラマを秘めているか想像できると思う。

想像は軽く上回り、一つ一つのドラマに心が引き裂かれそうになる。国共内戦の荒れ狂った時代の中で餓え、戦い、なんとか生き延びた当事者達に聞き取りをし、その貴重な歴史を著者の息子に向けて語る、といった体裁でありながら膨大な資料を読み込んだ上で書かれているため客観性に欠く事はない。記録上の死者数のような無味乾燥さではなく、かけがえのない人の物語を書くような細やかな筆致の、そのバランスが素晴らしい。

この本は中国では禁書となっているようだ。日本でも国共内戦についての書物は極めて少ない。私自身、この本を読むまで台湾の現代史をきちんとわかってはいなかった。全434ページ。気軽にとれる厚さの本ではないかもしれない。しかし過去は現在と無縁のものではない。台湾の60年の痛みを、ぜひ多くの方に読んでもらいたい。

(評者:ジュンク堂書店池袋本店 人文書担当 森暁子)

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

国共内戦を国民党側から描く。

2012/06/22 23:51

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主に国共内戦で中共側に中原の鹿を奪われて台湾に撤退した国民党の側から歴史を書いている。著者は国民党と一緒に台湾に渡った外省人だが、かといって国民党を美化しているわけではない。国府軍の兵士狩りについて結構描かれているが、随分と荒っぽいやり方をしていたわけだ。「大地の子」で登場する長春包囲戦や人海戦術についての記述は中共側を肯定的に描かれていない。
 日本軍に従軍した台湾人についても書かれているが、これは直接的には国民党政権の台湾撤退とは関係がない話しだ。捕虜監視要員として従軍した台湾人で死刑判決を受けた人は朝鮮人より多い(台湾人には洪思翊中将のような高級軍人はいない)のに、捕虜監視要員として戦犯にされた旧植民地出身者は何故か朝鮮人しか取り上げられない。
 終戦時に堀田善衛の見た青天白日旗について昭和18年から汪兆銘政権の旗から「豚の尻尾」と呼ばれた黄色い三角布がなくなっているが、汪政権の解体時まで「豚の尻尾」が存在していたように描かれている。青天白日旗が翻る姿が印象に残ったという事は当時の日本軍占領下の中国では青天白日旗より日の丸の方が翻っていたのだろうか。
 国民党の白色テロについての記述が少ないが、この時代を描くには必要だろう。中国共産党の台湾省工作委員会について描かれていたら、もっといいだろう。中共の地下組織が国民党によって壊滅させられるのも、この時代を描くには必要な描写だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/05 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/29 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/16 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/19 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/29 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/03 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/28 05:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/17 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/22 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/02 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/06 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/27 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/05 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/28 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む