サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  本を開いて旅に出よう ~2/21

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 岩波書店の通販
  6. ヒトラーの国民国家 強奪・人種戦争・国民的社会主義の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/06/07
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:22cm/361,65p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-024516-6
  • 国内送料無料

紙の本

ヒトラーの国民国家 強奪・人種戦争・国民的社会主義

著者 ゲッツ・アリー (著),芝 健介 (訳)

第一次世界大戦の敗戦と、それに続く「ドイツ革命」による体制崩壊後、疲弊したドイツ国民は、なぜヒトラーの政権獲得を支持したのか。経済的側面から、ヒトラーによる「国民国家」の...

もっと見る

ヒトラーの国民国家 強奪・人種戦争・国民的社会主義

税込 8,800 80pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第一次世界大戦の敗戦と、それに続く「ドイツ革命」による体制崩壊後、疲弊したドイツ国民は、なぜヒトラーの政権獲得を支持したのか。経済的側面から、ヒトラーによる「国民国家」の真実を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ゲッツ・アリー

略歴
〈ゲッツ・アリー〉1947年ハイデルベルク生まれ。歴史家・ジャーナリスト。ホロコーストにかかわる現代史研究の著作を数多く執筆。ハインリヒ・マン賞、ルートヴィヒ・ベルネ賞受賞。著書に「最終解決」等。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ロードス島の1944年7月20日

2023/01/05 14:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドイツによる収奪の中に7月20日と同じ日に実行されたロードス島の支配者だったロードス突撃師団がユダヤ人をアウシュヴィッツへ送った記述がある。「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」にあるから出てきたのかもしれないが、背景の説明は、この本の方が詳しい。ドデカネス諸島は1947年のパリ条約まではイタリア領だったので、イタリア休戦後は形の上ではイタリア社会共和国の支配下なのに「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」ではギリシャ領扱いになっている。パリ条約までギリシャはドデカネス諸島を領有していないから、それではビザンツ時代に遡ってしまう。
 ロードス突撃師団のような執行猶予部隊が師団長のウルリヒ・クレーマン将軍の命令によって「ユダヤ人狩り」を実行した、という事実は、もっと取り上げられてもいいと思うが。「せめて一時間だけでも」に出て来るDDR時代の有名人のヴォルフガング・ハーリヒの脱走+KPDの地下組織に関わった顛末を触れない「ヒトラーの脱走兵」のような本では分からないという事だ。誰か関心のある人が1944年7月20日のロードス島について書きませんか?
 この本の少し後に単行本が出た「ラスト・オブ・カンプフグルッペ3」では「柏葉付き騎士十字章に輝く英雄」クレーマンを「苦労人」だなどと喩えて、彼の命令による「最悪の仕事」など一言も触れない。「マジンガーZ」でドクター・ヘルのアジトと混同してロードス島に行ったならば何があったのかは少しは知っているだろう。何故書かないのか?これに気がついたから「国防軍神話」から卒業した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/17 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/01 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。