サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/23
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/242p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431368-7
新書

紙の本

特高警察 (岩波新書 新赤版)

著者 荻野 富士夫 (著)

悪名高き特高警察は、いかなる組織だったのか。その「生態」を膨大な資料・証言から解き明かすとともに、朝鮮や満洲での様相、ドイツの秘密警察ゲシュタポとの比較など、全体像に多角...

もっと見る

特高警察 (岩波新書 新赤版)

税込 924 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

悪名高き特高警察は、いかなる組織だったのか。その「生態」を膨大な資料・証言から解き明かすとともに、朝鮮や満洲での様相、ドイツの秘密警察ゲシュタポとの比較など、全体像に多角的に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

荻野 富士夫

略歴
〈荻野富士夫〉1953年埼玉県生まれ。早稲田大学文学部卒業。小樽商科大学教授。専攻は日本近現代史。著書に「特高警察体制史」「北の特高警察」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

特別高等警察、いわゆる「特高」が生まれたのはあの大逆事件を...

ジュンク堂

特別高等警察、いわゆる「特高」が生まれたのはあの大逆事件をきっかけとする。ゆえに特高もまた創設100周年を迎えている。小林多喜二を刑死させた過酷な拷問はつとに知られている。
 国家の安寧に関わる事案を扱うことを高等警察とする警視庁官制の規定から始まった国事犯相手の警察は民権運動の展開とともに発展し、あるいは整理縮小された。政党に参加する活動家から労働運動、社会主義運動へと取り締まり対象を移した警察は、ロシア革命や米騒動などを追い風とした社会主義運動の急進化と共産主義運動への恐怖から、三・一五事件での治安維持法本格的発動と期を同じくして一挙に組織拡充・整備が図られた。右翼、左翼のみならず労働・農民、内鮮、宗教などの係を組織し、現場の特高課、特高係にはたたきあげの警官が引き上げられ、共産党を壊滅させた功労は叙勲・加給で報われた。総力戦体制の維持にも貢献した特高は植民地でも活躍した。
 証拠に縛られず収容所拘禁・強制労働を実行するゲシュタポを羨望した特高は戦後「公安」に形と名前を変えて生存する。新潮新書「公安は誰をマークしているか」ともども一読されたい。
   黒書店員 D

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.2

評価内訳

2012/07/14 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/06 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/19 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/28 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/22 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/26 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/05 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/10 06:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/26 07:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/08 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。