サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

好評につき期間延長!2019年版カレンダー ポイントキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

たかが英語!
たかが英語! たかが英語!

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 97件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/06/28
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217763-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

たかが英語!

著者 三木谷 浩史 (著)

世界企業は英語を話す。「英語公用語化」で、日本は復活する−。楽天の三木谷社長が、社内の英語化プロジェクト2年間の実験で確信した成功のマニフェストを語る。【「TRC MAR...

もっと見る

たかが英語!

864 (税込)

たかが英語!

ポイント :8pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.2MB 無制限
Android EPUB 6.2MB 無制限
Win EPUB 6.2MB 無制限
Mac EPUB 6.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界企業は英語を話す。「英語公用語化」で、日本は復活する−。楽天の三木谷社長が、社内の英語化プロジェクト2年間の実験で確信した成功のマニフェストを語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三木谷 浩史

略歴
〈三木谷浩史〉1965年神戸市生まれ。一橋大学卒業。ハーバード大学にてMBA取得。日本興業銀行を退職後、クリムゾングループ、エム・ディー・エム(現・楽天)設立。楽天株式会社代表取締役会長兼社長。

掲載中の特集

ためになる本をテーマに10作品以上をラインナップしています。

商品詳細

世界企業は英語を話す。
「英語公用語化」で、日本は復活する。
楽天2年間の実験で確信した、成功のためのマニフェスト

「社内では英語が公用語」 あなたならどうする?
・TOEIC750点ないと部課長にしません
・会議や議事録はすべて英語
・約1年半で全社員のTOEIC平均点は156点アップ
・点数のベスト5部署、ワースト5部署を発表
・英語で仕事ができれば、必ず日本は浮上する
・楽天流・英語トレーニングの秘密
・英語習得は「1000時間」の仮説


僕は予感した。これは、かつて日本で行われたことのない実験になる。7000人以上の日本人が、2年間で英語をマスターするなんてことが、本当に実現できるだろうか。僕は狂っているのかもしれない。しかし、この実験を成功させることでしか、楽天も、そして日本も生き残れないと思った。さあ、実験開始だ。(本文より)

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー97件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

理解はできますが...距離感はある

2012/07/12 08:58

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

社内の公用語を英語に、という楽天の取り組みが話題になっています。「外」から見れば、興味のある人もヒトゴトの人も。三木谷社長とはもちろん面識はありませんが、楽天さんとはお付き合いのある自分としては、「ヒトゴトながら興味がある」という感じです。

著者の言うところの「英語化」は、社内での会議、文書等をすべて英語にする、というもの。そもそも英語圏において情報発信がなされるケースの多い業界でもあること、何よりも楽天という日本発のサービスが今後「世界」を舞台に活動することへのメリットをあげています。

縮小するであろう日本の市場を飛び出し、世界を意識する。既に、海外企業の買収、提携を進めている楽天のアクティビティを見ても、そのスピード感や拡大のスケール、「英語化」することでますます広がっていくのでしょう。

そんな展開のために、トップが英断した「社内英語化」は、本書を読む限りでは、トップ主導で行われているようです。当然にいろいろ障壁はあったと思われますが、トップが先頭を切って自ら信じて発信し、実践する姿に、役員、従業員も意識が変わっていることと思われます。普段お話するような楽天の社員の方は、当然日本語なので、対するこちらとしてはあまり意識しませんけれど...

個人的には、母国語あっての英語だと思っています。自分だって流暢に話せるわけではありませんが、子どもに対しても、「まずは日本語を」という方針でいます。著者が言うように、英語が話せることが最終目標ではなく、あくまでコミュニケーションツールであり「たかが英語」なんですね。
コミュニケーションを取るには当然に「話題」がなければなりません。言語は別にしても「伝えたいことがある。それを適格に伝えられる」というテクニックを持たなければ、英語も日本語もありません。

あまりいい話ではありませんが、本書の中で紹介されている「社員の声」を見ても、また通常接する社員の方の話しを聞いても、「伝えたいメッセージ」が日本語としてできているか、微妙な点があるのは事実なんですね。この問題と英語化は無関係なのかもしれませんが、この取り組みについて若干の違和感があるとすれば、そのあたりなんです。

社長のリーダーシップはまさに感銘をうけるものであり、信念を貫いて(信念不抜)突き進む姿には力強さと信じるに足る尊敬の念を感じます。ただ、本書の「社内英語化」プロジェクトの「理由づけ」という内容が、誰に対してのメッセージなのか、今一つつかめなかった点はあります。
楽天という企業が海外市場で戦うために今必要なプロジェクトであり、社員の英語習熟度のKPI(指標)を見える化する、という手法も、経営的には有効な手段なのだと思います。ただ、著者自身は思っていることだと思いますが、本書の中には「英語を学習、習得することによる社員の人間としての成長、その結果としての企業の成長」という流れが見えにくい。

「さすが楽天!」と思いつつも、「今はヒトゴト」という意識が抜けないし、それはそれで「今は」いいのかもしれませんが...社長が意欲持って進んでいくように、数年後には「やっぱり楽天!」となっているのでしょうね。

【ことば】思春期以前にバイリンガルになるということは、コンピュータ用語で言うとデュアルCPUを持つようなイメージだ。

小学校での英語授業開始に対しての著者の意見。「始める時期」に関しては諸説あるので、あくまで意見としては受け入れますが、置き換えがコンピュータなのは「いかにも」という感じで、(僭越ながら)ほほえましい...

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/30 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/08 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/16 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/23 04:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/17 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/01 02:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/02 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/30 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/18 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/17 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/19 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/12 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。