サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 日本の小説・文学の通販
  5. 新潮社の通販
  6. ドナルド・キーン著作集 第4巻 思い出の作家たちの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/06/27
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:22cm/636p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-647104-9
  • 国内送料無料

紙の本

ドナルド・キーン著作集 第4巻 思い出の作家たち

著者 ドナルド・キーン (著)

誰よりも日本文学を深く究めた著者の70年に及ぶ執筆活動のエッセンスを集成。第4巻は、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、安部公房、司馬遼太郎をはじめ、近現代の作家60余人の...

もっと見る

ドナルド・キーン著作集 第4巻 思い出の作家たち

税込 4,180 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

ドナルド・キーン著作集 16巻セット

  • 税込価格:59,070537pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

誰よりも日本文学を深く究めた著者の70年に及ぶ執筆活動のエッセンスを集成。第4巻は、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、安部公房、司馬遼太郎をはじめ、近現代の作家60余人の人物像を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

思い出の作家たち 松宮史朗 訳 11−110
日本の作家 111−266
日本文学を読む 267−467

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

元アメリカ人、現日本人翁が書いたあれやこれやの思い出噺

2012/08/13 13:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでも読んでも終わらないので往生しましたが、なんのことはない、この分厚い本には谷崎、川端、三島、安部、司馬について書かれた「思い出の作家たち」、鴎外、子規、啄木、太宰などについて書かれた「日本の作家」、二葉亭四迷から大江健三郎までざっと49名の文学者をとりあげた「日本文学を読む」、加えて「私の日本文学遥遥」、「声の残り」の凡そ5冊の単行本が内蔵されていたのだから、読みでがあるなどという生易しいものではなかったのです。

そう書くといやいや読み続けていたと誤解されそうなので心配ですが、この元アメリカ人、現日本人翁が書いた日本文学と文学者についてのあれやこれやの思い出噺は、酷暑に打ち負かされた世捨て人の腐りかけの脳髄に旱天の慈雨の如く投下された揮発性のヘロインのごとき悦楽作用をもたらしてくれたのです。

 因果は巡る風車、東奔西走日米合作回り灯籠の筆のすさびに、碧眼太郎冠者鬼院先生かく語りき。

明治21年鎌倉に遊んだ子規は、大雨の中頼朝の墓から八幡宮へ急ぐ途中で2度も喀血したこと。(これは家の近所の話なので生々しいな)

マリア・カラスの「ルチア」を聴いた大江健三郎が、彼女の声は「女性のあらゆる可能性を集中したものだ」と断定したこと。(当たらずとも遠からず)

一度だけ市川の陋屋で会った永井荷風の「バートランドラッセルの優雅な英語に匹敵する美しい日本語」を聴いて驚嘆したこと。(ちと意外だなあ)

尾崎紅葉の「金色夜叉」は大愚作であるが「多情多恨」は紛れもない傑作であること。(さすがのご明察)

谷崎は漱石の「明暗」がうその組立からできていて、そこには作者の巧慧なる理知の働きがあるのみ、と喝破したこと。(これにはちと疑問)

荷風は「昔は良かった」というが、その昔の定義は時代と共に変わっていったこと。(しかり)

転向は、ある場合には自己保存の手段として必要であるばかりでなく、社会全体が要求することが多い。絶対に転向しない人に会うと場合によっては滑稽であり、場合によってはみじめであること。(しかりしかり)

親友の河上徹太郎が酔っ払って新橋の芸者の肩に自分の足を押しつけ、大声で『帰ろう』と叫んだのを見て断固絶交したこと。(これまた当然)

トルーマン・カポーティは、私がそれまでに会ったうちでもっとも不快かつ信用できない人物の一人であること。(真偽不明)

「豊饒の海」の取材で奈良桜井の大神神社に行った三島由紀夫が、近くの松を指差して「これは何の木ですか」と尋ね、その夜蛙の鳴き声を聴いた隣室の三島が「あれは何の声」とキーンに尋ねたこと。(三島は動植物に無感心な都会人だった)

川端康成が自殺したことを聞いた大岡昇平が「三島がノーベル賞をもらいさえすれば2人とも生きていたろう」と語ったこと。(さもありなん)

大江と三島がNYで連れだって高級玩具屋を訪れ、(恐らくあまりにも高価なので)三島が諦めた革製のサイのぬいぐるみを、大江が買ってしまったこと。(大人のくせにガキ大将みたい)

「次回は九月一日午前一〇時です」歯医者に告げられしその三ヶ月後の自分が見えない 蝶人

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/15 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。