サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「大切な人に贈る本」ポイント5倍キャンペーン ~1/8

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 教育の通販
  5. ポプラ社の通販
  6. 震える学校 不信地獄の「いじめ社会」を打ち破るためにの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

震える学校 不信地獄の「いじめ社会」を打ち破るために
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/09/04
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:19cm/126p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-591-13089-6

紙の本

震える学校 不信地獄の「いじめ社会」を打ち破るために

著者 山脇 由貴子 (著)

なぜいじめが繰り返されるのか? なぜ学校は隠すのか? 児童相談所の心理司、学校改革のアドバイザーとして活躍する著者が、いじめを生み出す「不信の構造」にメスを入れ、健康な学...

もっと見る

震える学校 不信地獄の「いじめ社会」を打ち破るために

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜいじめが繰り返されるのか? なぜ学校は隠すのか? 児童相談所の心理司、学校改革のアドバイザーとして活躍する著者が、いじめを生み出す「不信の構造」にメスを入れ、健康な学校を取り戻すための具体的な方法を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山脇 由貴子

略歴
〈山脇由貴子〉1969年東京生まれ。横浜市立大学心理学専攻卒。東京都児童相談所・児童心理司。著書に「教室の悪魔」「職場であなたを困らせる病的人格者たち」「大人はウザい!」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

クラスの全員から「いじめ」られている担任

ジュンク堂

クラスの全員から「いじめ」られている担任。「暴力」「わいせつ」という身に覚えのない冤罪で子どもたちから集中告発を受ける教師。朝から晩まで保護者からの苦情処理に追われる学校。クラス全員によるあからさまないじめも放置、時にはそれに加わる教師。
本書で報告されているのは、例外的な事例である、と思いたい。しかし…、おそらくは氷山の一角と見た方がよいだろう。学校は、教育の場という大義名分に守られた聖域=隠蔽の許されたブラックボックスだからだ。
大人への強い不信感ゆえに、子どもたちが一致団結して隠す。いじめている側だけではない。被害者もまた、いじめの事実を必死に隠す。一方、学校側も、「教員がいじめの被害に遭っていたなんて、恥ずかしい」「こんなことを報告したら、管理能力がとわれるだろう」と、いじめの存在を隠す。問題として認めたくないだけだ。認めなければ「問題はなかった」ことになる。
子どもが問題を起こすのは、SOSの発信だ。それは、大人社会が何らかの問題を抱えている時に発せられる。まず大人社会を見直し、保身のための隠蔽をやめ、教師と親、子供の間で情報を公開しあい、共有することから始めるしかない。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/26 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/06 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/05 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/07 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/18 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/12 09:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/02 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

学校経営 ランキング

学校経営のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。