サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・文化の通販
  5. 日本経済新聞出版社の通販
  6. かつての超大国アメリカ どこで間違えたのかどうすれば復活できるのかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

かつての超大国アメリカ どこで間違えたのかどうすれば復活できるのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/09/20
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:20cm/525p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-16845-2

紙の本

かつての超大国アメリカ どこで間違えたのかどうすれば復活できるのか

著者 トーマス・フリードマン (著),マイケル・マンデルバウム (著),伏見 威蕃 (訳)

中流の消滅、政治家の劣化、借金漬けの財政、危機感のない国民、競争する意識の欠如…。アメリカが抱える問題を直視し、超大国として繁栄していたときの秘訣を振り返り、今後、国や国...

もっと見る

かつての超大国アメリカ どこで間違えたのかどうすれば復活できるのか

2,592(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中流の消滅、政治家の劣化、借金漬けの財政、危機感のない国民、競争する意識の欠如…。アメリカが抱える問題を直視し、超大国として繁栄していたときの秘訣を振り返り、今後、国や国民がどうやって栄えていくかを考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

トーマス・フリードマン

略歴
〈トーマス・フリードマン〉1953年ミネソタ州生まれ。『ニューヨーク・タイムズ』紙の外交問題コラムニスト。ピュリツァー賞3度受賞。
〈マイケル・マンデルバウム〉ジョンズ・ホプキンス大学大学院のアメリカ外交政策研究プログラム担当。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善丸の内本店

アメリカは20世紀にはまぎれもなく超大国であったが

丸善 丸の内本店さん

アメリカは20世紀にはまぎれもなく超大国であったが、21世紀に入り中国やシンガポールなどの新興国が急速に発展しているのに対し、その影響力は緩やかな衰退の道を歩んでいる。

著者がその原因として挙げるのは、冷戦後のグローバリゼーションによる労働市場の激化、IT革命によって変化した労働に対応できていないアメリカ人が多く失業率が下がらないこと、9.11後の対テロ戦争やベビーブーマー退職による社会保障費の増大などによる財政赤字が巨額に膨れ上がっていること、化石燃料への依存により次世代エネルギー研究への取り組みが遅れていることを主な4つとし、さらにその原因を作りだしたのは、アメリカの政治体制の劣化だとしている。これらの問題点はまた日本も共通して抱える問題であり、まるで日本のことを書いているのではないかと錯覚するくだりも多い。

アメリカがかつてのように成功するための解決策として、ITの進化によってさらにフラット化した世界でも勝者になれる創造的労働者を育てるための教育を政策の最優先課題にする必要性や、財政赤字縮小のために歳出削減と増税を直視すること、次世代エネルギー研究開発には国家事業として取り組むべきことなどへの提言が挙げられているが、今の日本こそが実行しなければならないのではないかと思わせられる。
日本の政治、経済の未来を考えるためにも読んでおきたい1冊である。


(評者:丸善 丸の内本店 社会書担当 藤村 泉)

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/12/22 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/13 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/26 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/11 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/27 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/11 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。