サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2020年年間ランキング  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 137件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/09/29
  • 出版社: 実業之日本社
  • レーベル: 実業之日本社文庫
  • サイズ:16cm/428p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-55097-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

主よ、永遠の休息を (実業之日本社文庫)

著者 誉田 哲也 (著)

通信社社会部の記者・鶴田吉郎は、コンビニ強盗の犯人逮捕を偶然スクープ。現場で遭遇した男から、暴力団事務所の襲撃事件について訊ねられた吉郎は、調査の過程で、14年前に起きた...

もっと見る

主よ、永遠の休息を (実業之日本社文庫)

税込 713 6pt

主よ、永遠の休息を

税込 550 5pt

主よ、永遠の休息を

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

通信社社会部の記者・鶴田吉郎は、コンビニ強盗の犯人逮捕を偶然スクープ。現場で遭遇した男から、暴力団事務所の襲撃事件について訊ねられた吉郎は、調査の過程で、14年前に起きた女児誘拐殺人事件の“実録映像”がネット配信されていたことを知る。犯人は精神鑑定で無罪とされていた…。静かな狂気に呑み込まれていく事件記者の彷徨を描いた傑作、待望の文庫化。【「BOOK」データベースの商品解説】

暴力団事務所の襲撃事件について調査していた記者・鶴田吉郎は、その過程で14年前に起きた女児誘拐殺人事件の“実録映像”がネット配信されていたことを知る。犯人は精神鑑定で無罪とされていたが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー137件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

やりきれない

2012/10/07 22:13

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり分厚い本で,いつもは,休憩しながら読むのですが,一気に読み通してしまいました。
正直,読み終えて,落ち込みました。
やりきれない思いでいっぱいです。
もちろん,宮崎勤の事件を思い出しましたよ。
きっと,あの事件のご遺族の方も,同じ苦しみを今も抱えていらっしゃるのだろうなあと心が痛みました。
真実を知って,どんな記事を書いたのか,知りたかったです。
きっと,温かい記事になっているでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そうきたか・・・

2013/05/24 12:18

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アカゴン - この投稿者のレビュー一覧を見る

誉田哲也、そうきたか・・・

コンビニ強盗事件にたまたま遭遇した新聞記者が、その後、驚きの展開に巻き込まれる。

本書で描かれている被害者の父親の行動と加害者の母親の行動。
両者とも、子供を愛していることには変わりがないと思う。

しかしながら、加害者の母親の行動は、私には信じることができない。

でも、昨今の「親が子供をしかること」に関する風潮をみると、
「加害者の母親」のような親が増えてきているのではないかと思ってしまう。

子供を愛するということはどういうことなのか。どのように接するべきなのか。
そんなことを、この小説を読んで考えてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

絶望

2014/10/22 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:abyss_eternal - この投稿者のレビュー一覧を見る

二人の目線で語られる本物語。
どんどん話が進んでいくほど、動悸が早くなっていくのを感じた。

人とは自分の欲求のために、ここまで残酷になることができるのか。

人とはいかにもろく危ういものなのか。

読了後の絶望感に耐えられるだけの精神的余裕がない方は読まないことをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

タイトルとおりの気持ちになる。

2014/10/13 18:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

誉田さんの作品を久々に読んで、そうだ、こうだった、と思った。
本気で吐き気がしそうになるくらいの描写。
寝る前によんでいて、怖くて先に読み進められなくなった。
翌日の日中に再トライで読了。
タイトルそのままのラストに感じた。
最近の様々な事件ともシンクロしてやるせない。

とりあえずしばらく暗い夜道は歩きたくないな…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

通信社

2016/01/23 13:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

コンビニ強盗の現場に居合わせた通信社の記者が、その瞬間をスクープ。これをきっかけに過去の幼女誘拐や強姦の取材に向かう。通信社の記者が主人公というのは少ないと思う。自裁には、新聞記者と違って、発表原稿を全国の加盟社に流すのが主な仕事だから、自分で特ダネを追うことは稀だと思うのだ。そんな点を割り引いて読んでみたが、しかし終盤は、やや無理なつじつま合わせではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/13 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/23 08:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/09 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/10 01:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/16 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/19 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/22 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/24 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/11 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/01 09:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。