サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『これからの仕事と経済』~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/10/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/417p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-781211-9
文庫

紙の本

ソウル・コレクター 上 (文春文庫 「リンカーン・ライム」シリーズ)

著者 ジェフリー・ディーヴァー (著),池田 真紀子 (訳)

リンカーン・ライムのいとこアーサーが殺人容疑で逮捕された。アーサーは一貫して無実を主張するも、犯行現場や自宅から多数の証拠がみつかり有罪は確定的にみえた。だがライムは不審...

もっと見る

ソウル・コレクター 上 (文春文庫 「リンカーン・ライム」シリーズ)

税込 838 7pt
ポイント40倍

ソウル・コレクター 上

10/01まで7pt

税込 835 303pt

ソウル・コレクター 上

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.0MB 無制限
Android EPUB 6.0MB 無制限
Win EPUB 6.0MB 無制限
Mac EPUB 6.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

リンカーン・ライムのいとこアーサーが殺人容疑で逮捕された。アーサーは一貫して無実を主張するも、犯行現場や自宅から多数の証拠がみつかり有罪は確定的にみえた。だがライムは不審に思う―証拠が揃い過ぎている。アーサーは濡れ衣を着せられたのでは?そう睨んだライムは、サックスらとともに独自の捜査を開始する。【「BOOK」データベースの商品解説】

リンカーン・ライムのいとこアーサーが殺人容疑で逮捕された。証拠が揃い過ぎていることを不審に思ったライムは、アーサーが濡れ衣を着せられたのではないかと睨み、サックスらとともに独自の捜査を開始する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

近未来の犯罪を予感させる一篇

2012/11/24 22:07

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書はディーヴァーによるリンカーン・ライムのシリーズ第8作目である。シリーズ物は難しい。読者はシリーズに何を期待しているのか? 作家はそれをよく汲み取らなければならない。たとえば、ディーヴァーのスピンアウト作品であるキャサリン・ダンスが主人公のスリーピング・ドールは期待外れであった。

 何故ならば、キャサリン・ダンスの持ち味であるキネシクスが活躍する場がほとんど描かれていなかったからである。それを期待していた私は肩透かしを喰らったような気がした。ライムのシリーズは、ライムとサックスのコンビ、あるいは周囲の仲間であるセリットー、クーバーなどの絡みが面白く、人気が高まったのであろう。

 しかし、そもそもライムの持ち味である捜査手法に興味を覚えた人が多かったのではなかろうか? 現場を隈なく調べ上げて証拠を分析するライムの捜査手法である。シリーズではこれを必ず出して欲しいものである。それが私の期待なのだ。しかし、今回はそれがほとんど出てこない。少なくとも犯人逮捕への貢献度は低いように描かれている。

 そろそろ材料が枯渇してきたのか、あるいはいつもそれでは飽きがくると考えて、異なる趣向を用意したのか? それはそれでディーヴァーの考える効果は出ていないとは言えない。しかし、今後はこれが当たり前の描き方になるのであれば、落胆してしまう。このようにシリーズになった場合の期待の仕方は、読者毎に分裂を始めるので、当初の作品のように簡単ではないと推定する次第である。

 今回はライムの成長過程でいわくのあった従兄弟の登場である。ライムは今まで事情によって絶縁状態にあった従兄弟と接触する必要が出てきた。この従兄弟が殺人の容疑者となったからである。

 シリーズ物は難しいと書いたのだが、実は本書ではライムの捜査手法を登場させる暇がないほど、犯人の策略が巧みであった。この策略が面白い。ディーヴァーの発想は近未来の犯罪を想起させる。つまり、個人情報を利用した犯罪である。情報を巧みに利用して他人を犯人に仕立て上げるというものである。

 この種の犯人は個人情報にアクセスできる立場にある人物に限られるのだが、情報管理が杜撰であれば容易に悪用されてしまう。そういう点で近未来的な犯罪の姿が描かれているといっても過言ではない。ディーヴァーのアイデアの泉はまだまだ滾滾と湧き出ているといってもよい。次回もどのような展開を見せるのか期待できよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごい!

2017/08/29 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:笑う門ふう - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人情報の怖さが身にしみます・・・
現金払いしなければ。
日用品はネットで買ったらダメだわ…などなど。
現代社会、身につまされます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テーマは情報社会

2017/06/18 02:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回のテーマは個人情報。いかにもありそうな情報社会が描かれたミステリー。コンピュータ関係の話は難しいですが、分からない範囲ではなく、比較的読みやすかったです。多分、今回もあるであろう終盤の、いつものどんでん返しに、今から胸が高まります(^ ^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

このテーマをどう扱うのか楽しみです

2017/02/02 19:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

リンカーン・ライム シリーズの8作目です。
時代の流れでしょうね、この作品では現代の情報化社会の危険性が大きなテーマとなっています。
個人データを無意識に提供していく多くの人々に対して、どこまでも貪欲にそれを収集していく組織。その組織の運営者をどれほど信用できるものなのか?
この巻だけで400ページちょっとですが、多くの伏線が張られていて、これからどう収斂していくのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/03 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/08 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/10 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/28 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/10 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/01 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/28 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/26 07:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/03 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/13 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/17 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。