サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

9条どうでしょう(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/10/10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-42994-0
文庫

紙の本

9条どうでしょう (ちくま文庫)

著者 内田 樹 (著),小田嶋 隆 (著),平川 克美 (著),町山 智浩 (著)

人気哲学者と3人の知の刺客たちが、これまでの憲法論戦にもの申す! 戦後繰り返し唱えられてきた護憲論・改憲論戦の常識を根本からひっくり返す、まったく新しい視座から描く9条論...

もっと見る

9条どうでしょう (ちくま文庫)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人気哲学者と3人の知の刺客たちが、これまでの憲法論戦にもの申す! 戦後繰り返し唱えられてきた護憲論・改憲論戦の常識を根本からひっくり返す、まったく新しい視座から描く9条論集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

まえがきにかえて 内田樹 著 17−24
憲法がこのままで何か問題でも? 内田樹 著 25−73
改憲したら僕と一緒に兵隊になろう 町山智浩 著 75−131

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (14件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

変えますか?

2014/05/05 19:12

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ数年、憲法についての話題になる事が多い。
そのため、毎年、この時期、憲法に関する本を読む事が恒例となりつつある。

今年、読んだのは内田樹と、彼が選んだ3人が語る憲法9条を中心とした憲法論である本書。
「虎の尾を踏むのを恐れない」という触れ込みだが、主に踏んでいるのは改憲派の「尾」

4人に共通しているのは「なにがなんでも憲法を守れ」と言っているわけではない、と言う点。
「変えてもいいけど、なぜ今、変えなければならないのか?」という点が根底で共通している。

自分が分からない点もまさにそこだった。

結局のところ、改憲派の人は「変える事」が自己目的化しているような気がする。
突き詰めると「自主憲法を制定した」という事実を作って、自分のプライドを満たそうとしているだけでは?

今の憲法を根本的に変えたとして、何を目指すのか?

なんだかんだ理屈はこねても、「平和国家」という看板は降ろさない(まさか憲法で「侵略国家」を掲げよう、という人はいないだろう)から、結局、9条がジャマなのだろう。

9条を無くす事で「普通の国」になる、と言う人もいる。
が、「普通の国」とは他国と戦争する事もできる、という意味になる。

そういう覚悟を持った上で主張しているのかは、はなはだ疑問。
自分だけは安全な所にいる、という前提でモノを言っている気がしてならない。
(特に政治家は安全な場所にいる充分な理由があるから)

本書の中では、町山智浩氏が最後にこう語っていたのが印象に残る。
「そんなに軍隊を持ちたいなら持てばいいが、その場合は自分もちゃんと兵隊やれ」
(外国では職業軍人に軍隊を独占させるのは危険なので、国民皆兵制を敷いている国もあるらしい)

改憲派の人たちは、どう答えるだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考える

2016/05/25 14:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

9条がどういうものかということを考え、9条を変えるなら、なぜ、いつ、どのように、といったことが重要だということを執筆陣は言いたいのだと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/13 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/25 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/18 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/04 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/23 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/17 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/09 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/12 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/19 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/28 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/05 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/24 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/02 04:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。