サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

短編工場(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 122件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/10/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/441p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-746893-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

短編工場 (集英社文庫)

著者 集英社文庫編集部 (編),桜庭 一樹 (著),道尾 秀介 (著),宮部 みゆき (著),村山 由佳 (著),浅田 次郎 (著),伊坂 幸太郎 (著),石田 衣良 (著),荻原 浩 (著),奥田 英朗 (著),乙一 (著),熊谷 達也 (著),桜木 紫乃 (著)

読んだその日から、ずっと忘れられないあの一編。思わずくすりとしてしまう、心が元気になるこの一編。本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、とっておきの物語たち。2000...

もっと見る

短編工場 (集英社文庫)

778(税込)

紙の本
セット商品

ナツイチ2017 71巻セット

  • 税込価格:43,414401pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

読んだその日から、ずっと忘れられないあの一編。思わずくすりとしてしまう、心が元気になるこの一編。本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、とっておきの物語たち。2000年代、「小説すばる」に掲載された短編作品から、とびきりの12編を集英社文庫編集部が厳選しました。【「BOOK」データベースの商品解説】

2000年代に『小説すばる』に掲載された短編作品から12編を厳選したアンソロジー。桜木紫乃「かみさまの娘」、宮部みゆき「チヨ子」、石田衣良「ふたりの名前」、熊谷達也「川崎船」などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

かみさまの娘 桜木紫乃 著 7−32
ゆがんだ子供 道尾秀介 著 33−39
ここが青山 奥田英朗 著 41−84

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー122件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

『ゆがんだ子供』は一番強烈だった

2015/03/26 17:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さん目当てで読んだが既読だった。ただ好きなものは好きなので、『終末のフール』は読み返したい。道尾秀介さんの『ゆがんだ子供』は5ページだけだったが一番強烈だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代の人気作家の最高傑作短編集です!

2016/02/27 09:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、現代の人気作家による短編集です。これだけの有名作家が一堂に会し、それも短編という比較的難しい分野で競い合っているという作品もまれではないでしょうか。様々な筆者による、多様な世界を短時間で楽しめる逸品です。ぜひ、ご一読を!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好き嫌いが分かれるかもしれません

2016/07/31 22:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

このアンソロジーの続編にあたる『短編復活』を
先に読みましたが、個人的な好みからだけいえば、
そちらの方が好きでした。

若い同僚に薦められて読んだのですが、年齢層に
よって好みが分かれるのかも知れません。

『短編工場』の方が生々しくて、重苦しい作品が
多いような気がして、読むのに体力が要りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい!

2016/10/27 21:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sky - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本はとても読みやすく、一冊の本に何本もの短編集が載っており、空き時間などにさっと読める1冊です。
興味のある方は、お手に取ってみては…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編で読みやすい。

2017/07/28 00:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編の集まりなので、ちょっとした移動や隙間時間に読みやすい。しかも有名作家の作品をこのお値段で色々読めるので楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/20 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/30 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/01 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/10 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/22 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/16 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/08 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/13 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/28 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/30 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る