サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か(講談社現代新書)
わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か(講談社現代新書) わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 240件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/10/17
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288177-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)

著者 平田 オリザ (著)

他者と「わかりあう」ことに重点が置かれてきた日本のコミュニケーション教育に疑問を抱く劇作家・平田オリザが、「わかりあえない」ところから出発するコミュニケーションについて考...

もっと見る

わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)

799(税込)

わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か

648 (税込)

わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か

ポイント :6pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

他者と「わかりあう」ことに重点が置かれてきた日本のコミュニケーション教育に疑問を抱く劇作家・平田オリザが、「わかりあえない」ところから出発するコミュニケーションについて考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

平田 オリザ

略歴
〈平田オリザ〉1962年東京都生まれ。国際基督教大学在学中に、劇団「青年団」結成。戯曲と演出を担当。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授。戯曲「東京ノート」で岸田國士戯曲賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー240件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

まさにいま読みたい1冊

2013/04/13 22:14

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

これが、いままでであったらなんてことのない本だったのかもしれない。
結構、いろんなことが起こってきて、それがまた自分だけではどうしよう
もないことが多くなってきて、煮詰まってきているこの頃だけに、
妙に反応したのかもしれない。

東京駅での時間つぶしで、寄ってみた丸善で自然と手が動いた。中身も
見ずに買ってしまったのであるが、まさに直感と出会いを久しぶりに感じた
のである。そして読み進める。子供たちとの授業、戯曲、ロボット・・・
余り関係がないと思われることばかりの中に、それこそ自分がいままで
気づきもしなかった世の中とのズレをこんなにも目からウロコ的に感づか
せてくれた本があっただろうか?
それも説教臭くなく自然にである。

何がといわれるほどのことは書かれていない。期待して読むとがっかりする
だろう。でも、何気なく読めば、きっと気づける。
特に、競争原理を叩き込まれた中年男性には!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外と

2013/05/20 23:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容が分かりやすく、共感できた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽になった

2015/12/19 17:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴこぴこ山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

コミュニケーション能力が上がるわけではありませんが、自分が上手くできないことや伝えられないことへの嫌悪感がなくなりました。
コミュニケーションを上達させるにはどうすればいいかという学び方が載っているような感じです。
心が軽くなる本でした。
今後にも応用できる勉強本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本棚の一番目立つ場所に

2016/03/12 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こまちのパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

コミュニケーションのとり方についての本はたくさんありますが、この本には、上手なコミュニケーションのハウツー等は書かれていません。
 その代わりに、演劇を通して「コミュニケーション能力とは何か」を考えた軌跡が書かれています。特に、「病棟での、患者の奥様と医療関係者の会話」では、言葉にならない思いを汲み取ることについて考えさせられる、自分の考えを深めてくれる事例でした。
 最後に、「わかりあえないことから」というタイトルが、すばらしいと思います。コミュニケーションで悩んだりつまづいたりしたとき、このタイトルを見るだけで、心がふっと軽くなる気がします。
 ぜひ、本棚の一番目立つ場所に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

これからの日本のあり方

2016/07/04 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マーシャル - この投稿者のレビュー一覧を見る

納得できる話がたくさんありました。
コミュニケーション力という曖昧な言葉をうまく紐解いて文章にしている。

教育者は勿論の事、人と関わっていく全ての人に読んで欲しい。そう思える内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

みんなちがって、たいへんだ

2016/11/27 22:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いま日本社会全体が「異文化理解能力」と「日本型協調圧力」のダブルバインドにあっている。場に合わせて察する力を要求される一方で、日本では説明しなくてもわかってもらえる事柄を、その虚しさに耐えて説明する能力が要求される。「伝えたい」という気持ちは「伝わらない」という経験からしか来ないのではないか。まさに「みんなちがって、みんないい」んだけど「みんなちがって、たいへんだ」ってこと。短期間に集団でイメージを共有しコンテクストを擦りあわせるノウハウを持っている演劇の有用性、説得力があると思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/09 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/02 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/02 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/05 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/21 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/04 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/04 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/20 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/17 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む