サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひめちゃんひめ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 取扱開始日:2012/11/16
  • 出版社: 童心社
  • サイズ:27cm/32p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-494-00764-6
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ひめちゃんひめ (絵本・こどものひろば)

著者 尾沼 まりこ (文),武田 美穂 (絵)

ぼくんちのとなりのひめちゃんはいつもひとりであそんでる。「わたしひとりだってさみしくなんかないし、ぜんぜんへいきなの」っていうけど、ほんとかな?「絵本テキスト大賞」第3回...

もっと見る

ひめちゃんひめ (絵本・こどものひろば)

1,404(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

童心社の好評絵本(全9巻)

  • 税込価格:12,923119pt
  • 発送可能日:7~21日

2013童心社の新刊絵本セット 9巻セット

  • 税込価格:12,563116pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくんちのとなりのひめちゃんはいつもひとりであそんでる。「わたしひとりだってさみしくなんかないし、ぜんぜんへいきなの」っていうけど、ほんとかな?「絵本テキスト大賞」第3回優秀賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【「絵本テキスト大賞」優秀賞(第3回)】どろだんごを作ってあげたことで、隣に引っ越してきたひめちゃんの家来になったぼく。いやいやながらも、ひめちゃんに付き合っていたけれど、ある日、「明日も家に来てね」というひめちゃんの命令を聞かなかったら…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

尾沼 まりこ

略歴
〈尾沼まりこ〉東京都出身。明の星女子短期大学仏語学科卒業。銀行、翻訳会社を経て、遊器具製造販売会社に勤務。
〈武田美穂〉東京都出身。「となりのせきのますだくん」で絵本にっぽん賞、講談社出版文化絵本賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

やさしさが染みる物語

2017/03/26 10:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公「ぼく」の隣りに引っ越してきたいつも一人であそんでいるひめちゃん、いっしょに遊ぶ?と誘ってあげる「ぼく」のやさしさが光る物語でした。なんだかもじもじと素直になれない子、いるよねー。心と裏腹なことを言ってしまう心のうち、わかります。(私もいい加減素直ではない、わけわからない屈託を抱えた子供だったので(;^ω^))

娘がこのイラストを担当する武田美穂さんがとても好きで読むことになった本。カラフルな色合いが子供心に楽しく映るのかな?また武田さんイラストの本を読んでみたいです(^^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

絵本 ランキング

絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む