サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

独立記念日(PHP文芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/11/10
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文芸文庫
  • サイズ:15cm/364p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-67913-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

独立記念日 (PHP文芸文庫)

著者 原田 マハ (著)

恋愛や結婚、進路やキャリア、挫折や別れ、病気や大切な人の喪失…。さまざまな年代の女性たちが、それぞれに迷いや悩みを抱えながらも、誰かと出会うことで、何かを見つけることで、...

もっと見る

独立記念日 (PHP文芸文庫)

823(税込)

独立記念日

700 (税込)

独立記念日

ポイント :6pt / 紙の本より123おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恋愛や結婚、進路やキャリア、挫折や別れ、病気や大切な人の喪失…。さまざまな年代の女性たちが、それぞれに迷いや悩みを抱えながらも、誰かと出会うことで、何かを見つけることで、今までは「すべて」だと思っていた世界から、自分の殻を破り、人生の再スタートを切る。寄り道したり、つまずいたりしながらも、独立していく女性たちの姿を鮮やかに描いた、24の心温まる短篇集。【「BOOK」データベースの商品解説】

恋愛や結婚、進路やキャリア、挫折や別れ、病気や大切な人の喪失…。寄り道したり、つまずいたりしながらも、独立していく女性たちの姿を鮮やかに描いた、24の心温まる短篇を収録。〔「インディペンデンス・デイ」(2010年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

川向こうの駅まで 8−22
月とパンケーキ 23−37
雪の気配 38−52

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

私の独立記念日

2015/03/26 11:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

連作短編。各話のリンク、つながる人。抱えるものは違うけれど必ず前を向ける。川のむこうから戻ってきた、ここに帰ってこれた、だからこの日が私の独立記念日。原田マハさん初読みですが自然と気に入りそうな作風です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

欲しいのは褒め言葉じゃなく

2015/11/23 23:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくまりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生の道すがら、ちょっとつまづいてしまった24人の女性たちの物語が集まる短編集。実家を離れての一人暮らし。内定切り。親友との別れ。男の見込み違い。失恋。離婚。シングルマザー。よくある話ではあるけれど、それぞれの女性にとっては、一度きりの人生の一大事。「よく一人で乗り越えられたね」「すごいね」「強いね」「がんばってね」・・・。褒めてもらって、励ましてもらって、でも、何かが違う。欲しいのは、そんな褒め言葉じゃない。
じゃ、どうしてもらいたかったの?と問われたところで、彼女たちは答えるべき言葉を持っていない。ややこしい悩みが解決したわけでもない。でも、今夜ひと晩、ぐっすり眠ったら、明日、何をすべきかは分かっている。「自由になるんじゃない、独立するんだ(「独立記念日」)。
読み終わると穏やかで温かい気持ちになれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

縁となり還って来る

2015/11/29 22:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろここにつらつら書くのがもったいないくらい、ステキなお話がつまった短編集。全て女性が主人公。それぞれが悩みつつも、自分の道をみつけ歩みだしていく物語。いつのまにか連作になっていて、人と人との繋がりができていく。最後は綺麗な円(縁)を描くかのように一カ所に還ってくる。「ふたりの時計」「バーバーみらい」「魔法使いの涙」が特にお気に入り。苦しいとき、道に迷ったとき、出会った人とお話してみるのは悪くないかも。ほんの小さな、手にのせたらすぐに消えてしまいそうな言葉で、新しい扉を開くことができるのならば。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なるほど

2016/12/03 20:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムジクムジカミュージック - この投稿者のレビュー一覧を見る

自由になりたいなら、独立しないとね。納得

幾つかドラマにしてみたいなぁと感じた
バーバーみらい お宿かみわら ひなたを歩こう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新しい自分

2017/01/26 19:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編が連作になっている。ぐるっと回って一回り。それぞれの女性が、今抱えている事柄や問題から、新たに一歩踏み出すというか、キリをつけるというか、「独立する」という感覚。そんな瞬間や時期を必ず経験するものなので、人それぞれに、それぞれの独立記念日がある。私も新たな独立記念日を見つけたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣ける

2017/02/13 00:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとなく、こうありたいという自分と照らし合わされているようで読んで行くと前向きに頑張れる気持ちになります。
短編集ですが、どことなくさりげなくつながる物語が人と人とを繋げる縁の広がりを感じます。独立でありつつ、孤独からの脱却のようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

繋がる話

2017/09/13 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はらお - この投稿者のレビュー一覧を見る

独立記念日、インディペンデンスデイだと固く大げさなイメージがあるので、「自分がちょっと変わった日」「独り立ちした日」という感じでしょうか。女性が主人公の短編ばかりなので、こんな男が 読んでいいものかと思いましたが、存分に楽しませていただきました。1つ1つは何気ない短い話なのですが良い味わいを出して結末を迎えバトンタッチして続いていく。このバトンタッチ感がイイ!表紙の絵に魅せられてジャケ買いした本では今のところ今年一番です!俺の第1感、捨てたものではない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/29 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/02 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/27 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/07 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/06 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/01 02:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/09 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/30 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む