サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 雑学・その他
  5. 草思社
  6. 草思社文庫
  7. 文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの 上巻

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの 上巻(草思社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/11/27
  • 出版社: 草思社
  • レーベル: 草思社文庫
  • サイズ:16cm/553p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-1939-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの 上巻 (草思社文庫)

著者 ジャレド・ダイアモンド (著),楡井 浩一 (訳)

かつて隆盛を極めていた社会はなぜ崩壊し消滅してしまったのか。中米のマヤ、北米のアナサジ、東ポリネシアのイースター島など、数々の文明崩壊の実例を検証し、共通するパターンを導...

もっと見る

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの 上巻 (草思社文庫)

1,296(税込)

文明崩壊 上巻

1,296 (税込)

文明崩壊 上巻

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かつて隆盛を極めていた社会はなぜ崩壊し消滅してしまったのか。中米のマヤ、北米のアナサジ、東ポリネシアのイースター島など、数々の文明崩壊の実例を検証し、共通するパターンを導き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

過去の崩壊した文明の事例と、現代の我々の文明のあり方との、いくつもの類似…

2017/03/20 21:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまがわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最高に面白い。

過去の崩壊した文明の事例についての本かと思ったら、
それとともに、過去の事例から導かれる、現在の我々の社会の行く末についても、
暗示的に推測していくような本だった。
何しろ、第1章のタイトルが「モンタナの空の下」。つまり現在のアメリカ合衆国で
進行形の事例についてなのだ。


第2章では、イースター島についての話。
一七二二年にヨーロッパ人が初めてこの島を訪れたときには、島は
三メートルを超す樹木も、茂みすらもまったくない荒地だった。

ところがこの島はかつては、背の高い樹木と低木の茂みからなる、
亜熱帯性雨林の島だったことが調査により分かっている。
そして島民たちは、巨大なモアイ像を幾つも建造できるほどの文明と
複雑な社会を持っていた。
しかしその島民たちは森林を破壊しつくしてしまい、その結果、
カヌーを製造するための木材も無くなり、それにより
沖に出て漁をすることができなくなり、土壌も痩せて農業も困難になった。
人びとは飢餓に陥り、社会は崩壊した。
どうしてそんなことになってしまったのか、その謎に著者は切り込んでいく。
そして、当時のイースター島の状況と、現代の我々の文明との類似点も見えてくる…。

全体を通じて、著者の知識の広さ、柔軟な思考、洞察の鋭さ、文章のうまさに、驚かされるばかりだった。


第3章より、ある南太平洋の島についての記述を、以下に記載。

『 しかし、やがてこの恵まれた島の人口が、豊富な資源でも支えきれない数にまで
膨れ上がってしまった。森林が切り倒されて土壌浸食が起こり、農業生産力が低下すると、
もはや余剰の農産物を輸出することも、舟を製造することも、島民たちがまともに食べることすらも
できなくなった。交易が衰退するにつれて、輸入していた原材料が不足し始める。
内乱が広がり、地方の武将が次から次に入れ替わり、従来の政治制度が覆される。
恵まれた島の飢えた大衆は、人肉食に依存して命をつないだ。
その島と海上交易を行っていた島々の民は、さらに悲惨な運命に見舞われた。
頼みの輸入品が断たれると、今度は自分たちの島の環境を荒らし始め、ついに生存者が
ひとりもいなくなるまで破壊し続けたのだ。』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文明を崩壊させないためには…

2017/04/29 12:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

「銃・病原菌・鉄」をも凌ぐボリュームになる本書。
崩壊した文明と、崩壊を回避し成功した文明との差について、膨大なデータや資料を基に考察しています。結論としては、その土地の環境にあった(環境を壊さないような)社会システム(政治制度や経済制度)を構築することが重要であると著者は考えていると思います。
もちろん、そのほかにも重要なことは多くありますが、それについては本書をご覧ください。
(下巻とレビュー内容は同じ)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

辺境の文明崩壊

2017/02/16 07:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三本ナイフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が文明崩壊に繋がると考える五つの要因

・気候変動
・環境破壊
・敵性集団から攻撃
・友好集団との断交(利用価値が無くなり、見放される)
・上記要因を含む各種問題に対する社会対応の不備

此れ等を実際に滅亡した文明に照らし合わせ、生活スタイルと共に丁寧に説明が為され、興味深く、現在の文明にも当てはまる内容だったが、サンプルにされている文明が島国、山岳地帯の為、何処か隔離された地域に限定された内容である感が否めなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/12 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/28 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/08 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/02 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/19 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/14 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/12 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/10 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/16 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/18 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/14 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/15 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

環境・エネルギー・資源 ランキング

環境・エネルギー・資源のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む