サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 伊藤計劃映画時評集 1 Running Pictures

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

伊藤計劃映画時評集 1 Running Pictures(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/01/24
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/307p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-031091-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

伊藤計劃映画時評集 1 Running Pictures (ハヤカワ文庫 JA)

著者 伊藤 計劃 (著)

「エイリアン4」「アベンジャーズ」「アルマゲドン」…。デビュー以前に伊藤計劃がウェブサイト『Spooktale』で書き続けていた映画時評67本+αを完全集成。1は、44本...

もっと見る

伊藤計劃映画時評集 1 Running Pictures (ハヤカワ文庫 JA)

799(税込)

Running Pictures

724(税込)

Running Pictures

ポイント :6pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「エイリアン4」「アベンジャーズ」「アルマゲドン」…。デビュー以前に伊藤計劃がウェブサイト『Spooktale』で書き続けていた映画時評67本+αを完全集成。1は、44本を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

同世代の共感

2013/08/29 00:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画「時評」というタイトルが言い得て妙。読むたびに「当時」が思い出される。いや思い出されると言うより、停滞していた映画への情熱が再起動する感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/05 21:07

投稿元:ブクログ

読んだ事があるテキストだけど、文庫で出てて、思わず買った。これ読んで
ワイルドワイルドウエスト借りて観たけど、やはりイマイチだった…。スターシップトゥルーパーズに関しては途中で観るの辞めた…。

2013/01/31 08:43

投稿元:ブクログ

どんな形であれ彼の言葉を読めることは嬉しい。そしてこれを読むと無性に映画が見たくなる。すごいことだ。
同時に死後公開された多くの映画を「ああ、この人ならどう評しただろう」と思わずにいられない。それを二度と目にすることができないのが残念だ。

2015/09/21 23:53

投稿元:ブクログ

こんなに沢山の引用を登録した本は、他にありません。とても鋭く刺激的な文章です。
ざっと、十四、五年前の(前世紀の!)文章ですが、今でも響いてくる。
伊藤さんの小説作品のアイデアの元というか核になる発想や好みが随所に顔を出しているのも面白い。蒸気機関に対する熱い思いから『屍者の帝国』までは、まさに「あと一歩」。

ちなみに、取り上げられている44本は、名前を聞いたことがあるメジャな作品ばかりですが、実際みたことがあるのは、「踊る大捜査線」くらい。しかも、それもテレビで何となくみただけ。映画館に行ってみた作品は皆無。
ひどい青春時代をおくったもんです。

2014/01/26 15:44

投稿元:ブクログ

伊藤劃好き、でもって映画好き、にはたまらない一冊。
もうこの作家の文章は読めないんだ、とあらためて感じる。
紹介43作中27作品映画館で鑑賞済み。
ヒット率6割か・・・
読んでて観たくなった作品も幾つか、「ガタカ」は必見かな。

2013/07/22 06:50

投稿元:ブクログ

ダークファンタジー セブン ジョンドゥ ゲーム フェイス/オフ ジョントラボルタ ニコラスケイジ エイリアン4 リプリー シガニーウィーバー 生物兵器 感情移入 スターシップトゥルーパーズ ナチスの軍服 ファシスト 右翼 ネオナチ 性癖 バグス昆虫型エイリアン シックスセンス ナイトシャラマン 役所広司 ファイトクラブ 石鹸 彼らはキャラ萌えであり、単に怠惰なだけです。私はそうした人間を軽蔑します。 彼らはリアルという言葉を、心地よい、確認された、記号のフレームからの逸脱に貼り付けているだけ そのために懸命に努力しなければならないとしても、完璧な一分間にその価値がある

2013/10/12 14:37

投稿元:ブクログ

基本的に褒めるっていう方針が素敵ですね。
だいたいにおいて、Web で公開されるレビューってけなしてなんぼみたいなのが多いですからね。
けなすぐらいなら、話題にしない方がいいんじゃないかと思いますけど。
レビューのおかげで観たい映画が増えましたね。
平成ガメラとか、いまさらのシックスセンスとか。(^^;

2013/04/03 19:02

投稿元:ブクログ

伊藤計劃 の作品が大好きなので、映画評というのも読んでみたくなったので。

評論文もとてもおもしろかった。
収録されている映画は見たことのないものがほとんどだったけど、実際に映画を見たくなった。
作者の目的が完全に果たされている…。
映画好きだというのも、ばしばし伝わってきた。
どんなジャンルの文章でも読ませる人だったんだな、と改めて感じた。

2013/06/10 16:34

投稿元:ブクログ

伊藤計劃さんの映画評本。

『エヴァより〜』とか『エロゲーのシナリオより〜』の様に
作品を褒めるのに他の作品を引き合いに出す言い回しが気になる

『君の言いたい事は良くわかる!
 でもそういう言い方は良く無いよ!』と…

共感できる部分も含めてなんか我を見ているようで
読んでて気恥ずかしい一冊;


しかし、『ガメラ3』や『ファイトクラブ』
『プライベートライアン』等の絶賛評を読んでると、
伊藤計劃さんが『キック・アス』を、『電人ザボーガー』を
『ウルトラマンサーガ』を、『バトルシップ』を
『サマーウォーズ』を『おおかみこどもの雨と雪』を観ていたら
何と書いたのだろう?
きっと彼も気に入ったんじゃないだろうかと思うのだ。


伊藤さんの時は映画評を書いていた時に時間が止まっていて、
伊藤さんの時間はもう動き出す事は無い。

そう思うと、毎日毎日、新しい映画を浴びる様に観られる事って
何て幸せな事なんだろう、それだけで人生には生きる価値があると思えるのだ。

いつか僕の時間が止まって、新しく生まれでる映画を
観る事もできなくなる時がくるのだろうけど
その時はあの世で同じ作品を愛した者同士、
伊藤さんと映画の事を語りながら杯を酌み交わしたいと思えた一冊だ。

2013/02/10 09:54

投稿元:ブクログ

ホームページに連載していた映画時評を二分冊にまとめたものの一冊目。名作以上に「とんでもない作品」に対する筆者の愛情が感じられて面白い。

2013/03/11 20:55

投稿元:ブクログ

第0回:「ゲーム」「G.I.ジェーン」「ピースメーカー」「フェイス/オフ」「トゥモロー・ネバー・ダイ」
エイリアン4
スターシップ・トゥルーパーズ
スフィア
ジャッカル
ディープ・インパクト
GODZILLA ゴジラ
L.A.コンフィデンシャル
リーサル・ウェポン4
SF サムライ・フィクション
スプリガン
プライベート・ライアン
アベンジャーズ
踊る大捜査網 THE MOVIE
トゥルーマン・ショー
ダークシティ
X-ファイル/ザ・ムービー
アルマゲドン
ガメラ3・邪神<イリス>覚醒
シン・レッド・ライン
スター・トレック/叛乱
RONIN
エネミー・オブ・アメリカ
ブレイド
スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
アイズ ワイド シャット
オースティン・パワーズ:デラックス
マトリックス
金融腐蝕列島 呪縛
梟の城
シックス・センス
ワイルド・ワイルド・ウエスト
ファイト・クラブ
エンド・オブ・デイズ
御法度 GOHATTO
ゴジラ2000 プレミアム
シュリ
007/ワールド・イズ・ノット・イナフ
イグジスタンス
スリーピー・ホロウ
人狼 JIN-ROH
アイアン・ジャイアント
グラディエーター

2013/01/27 23:18

投稿元:ブクログ

伊藤計劃はこんなふうにして「売り出され」ていくのだなぁとしみじみ。
それでも読んでしまう。
異世界ディテール構築派としては肯けるところ多し。

2013/01/16 07:06

投稿元:ブクログ

「伊藤計劃記録」で、少し読みましたが、とっても凄かったです!

早川書房のPR
「著者が生前運営していたホームページで書き続けていた映画コラムをニ分冊で完全収録!」

2013/08/21 10:23

投稿元:ブクログ

映画評にいきつくまでの、キャスト紹介・ストーリー・関係者話もろもろのウンチクやら派生話がごちゃごちゃしていて、それがとても鬱陶しくておもしろい(笑)
自分にとってそれは、伊藤計劃氏との出会いでもあり、また急逝した友人ヲタクとの再会にも感じたからだった。

エンターテイメントでなければ映画ではない!と主張し、お金を払って見た者しか評せないような奔放なことばで映画を語っていた友人が亡くなって、約2年。
彼が亡くなってぽっかり空いていたこころの空洞を、静かに満たしてくれる。そんな大切な一冊にもなった。

2014/03/03 18:49

投稿元:ブクログ

ユーモラスな語り口とは裏腹に,記述内容は清廉としているので,読める.“アルマゲドンで感動した,という人にはこう言うことにしています.「それは,君が世界に対して怠惰な証拠だよ」と”.その言い回しに,どのような影響を受けたのか垣間見えますね,とほくそ笑む人は同類相哀れむことになるでしょう.

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む