サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/12/20
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: 竹書房文庫
  • サイズ:15cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-9241-3
文庫

紙の本

不安奇異夜話 不明門の間 (竹書房文庫)

著者 ファンキー中村 (著)

著者ファンキーの日常生活に現れる様々な怪異や恐怖。その怪異があまりに日常的なのでときには涙や笑いも誘うが、雑多で猥雑な舞台に登場する恐怖は現実の鎖であなたを縛り心臓を締め...

もっと見る

不安奇異夜話 不明門の間 (竹書房文庫)

税込 702 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

著者ファンキーの日常生活に現れる様々な怪異や恐怖。その怪異があまりに日常的なのでときには涙や笑いも誘うが、雑多で猥雑な舞台に登場する恐怖は現実の鎖であなたを縛り心臓を締め付け、底なしの奈落に転落させるかもしれない!指輪に憑りついた怪異「呪いのターコイズ」、平成7年の阪神大震災にまつわる実話「あの日…」、経営するゲームセンターを襲う恐怖「ゲーム機」、友人Tが体験した母親の変貌「姑との“縁”」など、35話収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

指輪に憑りついた怪異、平成7年の阪神大震災にまつわる実話、経営するゲームセンターを襲う恐怖、友人が体験した母親の変貌…。ファンキー中村がネットラジオ番組で紹介した体験談などを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これはいい!

2013/01/17 13:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:人形屋 佐吉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この手の本は文庫・新書共に読みあさっているが、過去に同様のタッチで書かれた物は存在しなかったのではなかろうか。
氏のライヴ・ラジオ等聞いた事はなかったが、何年か前に出ていたテレビ番組で存在を知り、以来書籍を探し続けてきた。
竹書房には名立たる(と言っていいかは疑問)怪談作家が在籍し、雑誌幽や類似する雑誌にもそれ相応の作家たちが犇めいている。
だが氏の作風は何処の誰にも該当せず、似ておらず、ただただ面白い!
他のレビューで「ラジオで聞いた話も」との書評があるが、そんな事を言ってしまったら落語も講談も、音楽さえも聴く事はできないはず。
とにかく今は、氏の繰り出す第二・第三弾を心より切望する!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/16 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/27 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。