サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1012-16)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 61件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2012.3
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:27cm/31p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-8340-0161-7
絵本

紙の本

いもうとのにゅういん (こどものとも絵本)

著者 筒井 頼子 (さく),林 明子 (え)

〔初版:1987年2月,第53刷よりシリーズ名を「こどものとも傑作集」から「こどものとも絵本」に変更〕【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

いもうとのにゅういん (こどものとも絵本)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

こどものとも絵本 1980年代 12巻セット

  • 税込価格:10,56096pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー61件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

お姉ちゃんってこんなに素敵

2005/11/16 02:04

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チャミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あさえが幼稚園から帰ってくるとお気に入りの人形がありません。「また、あやちゃんのいたずらだ…」
ところが、妹のあやちゃんが盲腸で入院することに。
父親の帰りを待つ間の、一人で過ごす時の不安感、そして妹への想い…。お見舞いに何を持っていこうか考えて、あやちゃんが一番喜びそうなものを思いついたあさえ。
翌日、お見舞いに訪れたあさえが妹にプレゼントした素敵なものは…。
妹の入院という突然の出来事を通して、あさえの心の成長が見事に、そして細やかに描かれた作品です。
この絵本を読む時は、表紙から注目して欲しいです。自分の宝物である人形を欲しがる妹。そして、表紙をめくるとタイトルと一緒に描かれているのは、あさえが人形を大事に扱っているシーン。お話のキーとなるのはこの人形です。どのページにも必ず登場してきています。そして、最後、背表紙に描かれている人形と一緒にいるのは…。そんな楽しみもこの絵本には隠されています。
子供に読む時は、こんな風にあさえも我慢しているんだからあなたも…なんて読み方はNGです。あさえの微妙な心の変化や成長を子供が感じてくれることが大切です。
お姉ちゃんってしんどいね。でも、我慢できておりこうさんだね。
読んであげる親がこんな言葉を言ってあげたくなるような絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

姉妹っていいな

2017/08/29 22:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七転び八起き - この投稿者のレビュー一覧を見る

あさえちゃんがおねえちゃん。
あやちゃんがいもうと。
あやちゃんが急に盲腸の手術で入院することになっちゃって、お母さんがばたばた荷物をもって病院へ行っちゃって。お父さんがおうちへ帰ってくるまで、おうちでひとりお留守番をする心細さ。お母さんが夜おうちにいない心細さ。あさえちゃんは、あやちゃんのお見舞いに行くのに、おりがみのしゅりけんと、ばらのはなと、手紙も書きます。それからもっとあやちゃんがよろこぶものって何かしらとずっとずっと考えて…。
兄弟や姉妹っていいなと思える絵本です。「はじめてのおつかい」を読んだことのある方は「あつ!みいちゃんだ、」「あっ!たばこ!のおじさんだ!」と、面白い発見がありますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いとおしい姉妹

2017/05/31 21:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:atoz - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘たちを見ていると、姉妹というものはライバルであったり友達のようであったり、いつの間にか師弟関係になっているようなことも。
このふたりもどこにでもいる姉妹だけれど、入院という出来事をきっかけに、たくさん考え一生懸命行動し、瑞々しい成長をします。
近い関係だからこそ、思い遣りを持って接することができる、そんな様子に思わず涙してしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お姉ちゃんと妹

2017/01/08 04:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nabe - この投稿者のレビュー一覧を見る

大切にしているお人形と遊ぼうと帰ってくると、お人形がありません。妹のあやちゃんの仕業だ!と怒るあさえちゃん。でも、あやちゃんがぐったりしてお母さんに運ばれていく様子を見て、急に心配になります。いつもは喧嘩していても、本当はとっても大切な妹なんですよね。
あやちゃんのために、折り紙を折ったり手紙を書いたり・・・そして大事にしていたお人形を包み紙に入れて・・・
どれだけ心配だったんだろう、どれだけ早く良くなって欲しいと願っていたんだろうと思うと、とても優しい気持ちになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あさえとあや

2016/11/30 20:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uhyo - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふたりのお話の続編ですね。
日常的な姉妹のやりとりから
非日常になった時に、どのように考えどのように振舞うか。

きょうだいのいる家ではどこでも
大なり小なり、こんなやりとりをしながら
成長していくのだなと思わされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いざという時には、お姉さんになれるんですね

2001/11/20 23:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さなえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 同じ福音館書店から、同じ作者/絵で出ている『あさえとちいさいいもうと』の続編。あさえの、姉としての心の成長を取り上げた作品ですが、でも、この絵本を、あなたもあさえのように優しくなりなさいね、なんていう教育の絵本には決して使わないでね! 普段はけんかをしていても、いざという時にはどの子もやっぱり、お姉さんになれるものなのね!
 今回は、前作のときよりもうちょっと大きくなり、どこの姉妹にも見られるように、妹のことがちょっとわずらわしくなっています。ところが、いもうとが盲腸で手術することになり、やはりここでも、姉として、精一杯の愛情を妹に注ぎます。お母さんでなくても、「あさえちゃん、たったひとばんで ほんとうに おおきな おねえさんになったのね。」と言いたくなります。ここを読むとき、どうしても涙声になってしまうのは私だけ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幼い姉妹の愛情をほのぼのと描いた作品

2000/11/01 10:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あさえが、幼稚園から帰ってくると、乳母車に寝せていたほっぺこちゃんがいなくなっています。
「また、あやちゃんの悪戯だ。」と あさえが大声をだしたら、あやちゃんはお母さんにおんぶされ、ぐったりとしています。

 あさえ5歳、あやちゃん2歳くらいでしょうか。
あさえにとって、元気な時のあやちゃんは、いつも邪魔ばかりして鬱陶しい存在かもしれません。
でも、いないと寂しい…ましては、これから、あさえも経験したことのない盲腸の手術を受けのです。
不安で小さな胸がはりさけそうな様子がよく描かれています。

 手術を終え、大きなベッドで点滴をしながら寝ているあやちゃんに あさえは素敵なプレゼントをします。
一人で留守番をしたあさえより、病院で手術を受けたあやちゃんの方がずっとずっと心細くて怖かったはず。

 妹の入院をきっかけに、あさえはとてもお姉ちゃんになりました。
林明子さんの表情豊かなイラストで、姉妹の愛情をほのぼのと表現してあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いもうと

2021/04/05 11:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

妹の突然の入院に、お姉さんのあさえはどうしたらいいのか困ってしまいます。妹の大好きな人形をもってお見舞いに行くあさえの心が素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あやちゃんはだいじょうぶよね……

2017/01/30 20:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリッサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

妹のあやちゃんが入院することになったと聞いた姉のあさえ。
妹のために何ができるかを考え、お見舞いにある物をプレゼントしようとします。

絵が優しく温かみがあって、それでいてリアルです。
お見舞いに選んだ物もあさえの優しさが出ていますが、
タオルケットに包まって雷雨におびえつつ、妹の心配をするシーンも
それが出ていてよかったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幼い子どもの心理を、細やかに暖かく描ききっている絵本

2001/02/09 13:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:渡辺順子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あさえが幼稚園から帰ったら、妹が盲腸で入院することになったという。雷雨のなか誰もいない家で、お人形をかかえてパパの帰りを待つという体験。一夜あけて、妹のお見舞いに、自分の一番大事にしているお人形を、あげる決心をしたあさえ。妹の入院という突然のできごとを通して、また一つ大きく成長をしていきます。

 子どもの表情を細やかに暖かく描くことで、定評のある林明子の絵本からは、読み手も聞き手も共に、姉妹の心理や育ち合いを、自然に感じとることができます。表紙の絵からも妹がお人形を欲しがっているのにたいして、姉は自分の分身のように大事なお人形だから、どんなことがあっても手放せない、という強い表情がつたわってきます。ところが、裏表紙をみると、妹がそのお人形とベットで眠っています。

 幼児期も後半にはいると、一見、負の体験と思われる不安、恐怖、悲しさ、寂しさと
いったことも、“心のバネ”として、逞しく自己成長を遂げていきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/03 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/21 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/26 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/10 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。