サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「編集手帳」の文章術(文春新書)
「編集手帳」の文章術(文春新書) 「編集手帳」の文章術(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/01/18
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660896-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

「編集手帳」の文章術 (文春新書)

著者 竹内 政明 (著)

「ダ」文を用いるなかれ。接続詞に頼るなかれ。大声で語るなかれ。感情を全開するなかれ。読売新聞の看板コラム「編集手帳」を10年以上に亘り執筆してきた名文家が、文章術の秘密を...

もっと見る

「編集手帳」の文章術 (文春新書)

788(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ダ」文を用いるなかれ。接続詞に頼るなかれ。大声で語るなかれ。感情を全開するなかれ。読売新聞の看板コラム「編集手帳」を10年以上に亘り執筆してきた名文家が、文章術の秘密を公開する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹内 政明

略歴
〈竹内政明〉1955年神奈川県生まれ。北海道大学文学部哲学科(宗教学専攻)卒業。読売新聞論説委員。2001年7月から朝刊一面コラム「編集手帳」6代目執筆者。著書に「名文どろぼう」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

名コラムの「構造」や「仕掛け」が解明された!

2013/04/05 22:58

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Fukusuke55 - この投稿者のレビュー一覧を見る

父が他界した後、母が購読する新聞を読売新聞に切り替えました。何気なく読んだ「編集手帳」というコラムが面白くて、帰省する楽しみが一つ増えたのでした。

あの短いコラムの中にクスっとした笑いがあったり、静かな怒りがあったり、なにしろ書き出しが面白いんですよ。引用から入ることが多いのですが、何の関係があるのかな?と思う間もなく、気がつくとその日のテーマに収束しているんです。その「編集手帳」著者が書いた文章読本。面白くないはずがありません。

私の「文章十戒」を読んで、「よし、私も!」とチャレンジするも、敢え無く惨敗。いやー、難しいことこの上なしです。いかに、著者が洗練された言葉の世界を持っているかということに改めて気付かされました。

笑ったのは、第3章「出入り禁止」の言葉たち。
・・・する機会があった/・・・と言っても過言ではない/合掌。

私は定期的にblogを更新しているのですが、その文面は、この出入り禁止の言葉たちであふれ返っておりました(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

納得のテクニック

2013/01/31 10:59

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

仕事柄、ほぼ毎朝、新聞各紙、少なくとも一般紙5紙に目を通す。最近の楽しみの一つは、編集手帳。ウンチクもさることながら、なによりも情がある。少し胸が温かくなったり、熱くなったりさせてもらう。同じ筆者が毎日書くしんどさを思うと、その努力はどれほどかとぼんやりと考えていたが、この本を読んで納得できた。引き出しをたくさん持て、とはどんな仕事でもよく言われることだと思うが、具体的な方法は大いに参考になる。ますます朝が楽しみになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/09 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/12 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/07 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/12 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/23 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/28 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/18 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/22 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/01 11:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/24 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/04 08:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/27 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/13 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む