サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

紙の本

命の後で咲いた花

著者 綾崎 隼 (著),ワカマツ カオリ (イラスト)

晴れて第一志望の教育学部に入学した榛名なずなだったが、大学生活は苦労の連続だった。それでも弱音を吐くことは出来ない。彼女には絶対に譲れない夢がある。何としてでも教師になら...

もっと見る

命の後で咲いた花

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

晴れて第一志望の教育学部に入学した榛名なずなだったが、大学生活は苦労の連続だった。それでも弱音を吐くことは出来ない。彼女には絶対に譲れない夢がある。何としてでも教師にならなければならない理由があるのだ。そんな日々の中、彼女はとある窮地を一人の男子学生に救われる。寡黙で童顔な、突き放すような優しさを持った使上の同級生。二つの夢が出会った時、一つの恋が生まれ、その未来が大きく揺れ動いていく。愛と死を告げる、新時代の恋愛ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

第一志望の教育学部に入学した榛名なずなだったが、大学生活は苦労の連続だった。そんな日々の中、なずなは窮地を一人の男子学生に救われる。二つの夢が出会った時、一つの恋が生まれ、その未来が大きく揺れ動いていき…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

綾崎 隼

略歴
〈綾崎隼〉1981年生まれ。新潟市出身。第16回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉受賞作の「蒼空時雨」でデビュー。ほかの著書に「INNOCENT DESPERADO」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

美しく残酷な物語

2015/08/27 18:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:睦月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は綾崎隼さんの小説が大好きです。
なので学生では手出しのしづらい単行本ですが誘惑に勝てず買ってしまいました。
楽しかったです。
面白かったです。
笑いました。
悲しかったです。
切なかったです。
泣きました。
この本は純粋な恋愛小説です。
しかし、おおいに驚く仕掛けが後半にしかけてあります。
この本はたくさんの経験をさせてくれます。
笑いを、恋のドキドキを、驚きを、そして涙とともに悲しみと切なさを。
この本は最終的な結論はでずに温かく終わります。
登場人物たちがどうなるのが正解なのかわからない本です。
けれど彼女たちの物語はそこで終わるべきだと納得できる本です。
私は自分のことで泣きたいのにうまく泣けないそんなときに読んだらすっきりと泣ける本だと思います。
つらいときに読んでみてください。
すっきりするかもしれませんよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/10 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/12 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/27 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/25 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/30 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/02 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/16 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/24 03:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/23 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/09 03:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/19 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/03 02:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/26 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/17 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。