サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

ポイント最大500倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 角川書店の通販
  6. ブランコ乗りのサン=テグジュペリの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/03/01
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-110393-7

紙の本

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ

著者 紅玉 いづき (著)

20世紀末に突如都市部を襲った天災から数十年後、震災復興のため首都湾岸地域に誘致された大規模なカジノ特区に、客寄せで作られたサーカス団。花形である演目を任されるのは、曲芸...

もっと見る

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ

税込 1,620 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

20世紀末に突如都市部を襲った天災から数十年後、震災復興のため首都湾岸地域に誘致された大規模なカジノ特区に、客寄せで作られたサーカス団。花形である演目を任されるのは、曲芸学校をトップで卒業したエリートのみ。あまたの少女達の憧れと挫折の果てに、選ばれた人間だけで舞台へと躍り出る、少女サーカス。天才ブランコ乗りである双子の姉・涙海の身代わりに舞台に立つ少女、愛涙。周囲からの嫉妬と羨望、そして重圧の渦に囚われる彼女を、一人の男が変える。「わたし達は、花の命。今だけを、美しくあればいい」。【「BOOK」データベースの商品解説】

カジノ特区に客寄せで作られた、選ばれた人間だけが舞台へと躍り出る少女サーカス。天才ブランコ乗りである双子の姉の身代わりに舞台に立つ少女、愛涙を一人の男が変える…。『小説屋sari−sari』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

紅玉 いづき

略歴
〈紅玉いづき〉1984年生まれ。石川県出身。金沢大学文学部卒業。作家。「ミミズクと夜の王」で電撃小説大賞・大賞を受賞。ほかの著書に「サエズリ図書館のワルツさん」「RPFレッドドラゴン」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

宝塚的少女小説。宝塚を見たことはないケド。

2018/11/10 14:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

「さえずり図書館のワルツさん」でちょいと引っかかりました。
何かありそうな作家さんだなあと。
デビュー作の「ミミズクと夜の王」もしばしば書評を見かけますので
気にはしていましたが、ラノベ出身の作家さんとは知りませんでした。
普段はラノベコーナーに立ち寄らないので見つかりませんでしたが、
今度買いに行かねばと思った次第です。

文体は読みやすいのですが、内容は結構少女趣味です。
でも、いやらしい誇張はあまり感じずに最後まで楽しめました。
ビブリア古書堂シリーズのような、大人向けとラノベ向けの
中間くらいの味付けだろうと思います。
雰囲気は全然違うのですが、不思議とつながるものを感じました。

舞台は少女サーカスです。
少女たちは、サーカスを学ぶ曲芸学校に入り、
卒業して演目者になることを目指しています。
演目者には、それぞれ文学者の名前を冠した芸名があり、
代々それを引き継ぐのです。

サン=テグジュペリはブランコ乗り。
双子の妹の愛涙(える)が舞っています。

> 拍手は雨。スポットライトは雷光。
> だとすれば、私は雷雲の中へ夜間飛行を命じられた
> 飛行士なのだろう。
> 待っているのがたとえ死であったとしても、スポットライトと拍手だけが、
> 私の背中を夜へと押し出す。その行く先に星はない。
> 私はブランコ乗りのサン=テグジュペリ。

華やかに舞う少女たちの裏に潜む、ねたみ、そねみ、そして悪意。
やや暗いトーンの展開と、耐えぬく少女たちの生きざまは魅力的です。

サーカスの描写をもっと本格的に描いてもらうと、
より迫力があったのにと思う分だけ、ちょっともったいないです。
登場人物たちの押し引きは充分読ませますし、
印象的なセリフも多いです。

じっくり書くと、すごい作品が出てきそうな方なので、
期待したいと思います。
とりあえず、サン=テグジュペリの夜間飛行を続けて読むことにしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/11/15 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/30 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/15 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/17 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/20 04:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/23 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/04 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/08 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/29 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/04 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/15 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/04 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/13 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/11 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。