サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

星が吸う水(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/02/09
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277479-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

星が吸う水 (講談社文庫)

著者 村田 沙耶香 (著)

恋愛ではない場所で、この飢餓感を冷静に処理することができたらいいのに。「本当のセックス」ができない結真と彼氏と別れられない美紀子。二人は「性行為じゃない肉体関係」を求めて...

もっと見る

星が吸う水 (講談社文庫)

566(税込)

星が吸う水

566 (税込)

星が吸う水

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.0MB 無制限
Android EPUB 5.0MB 無制限
Win EPUB 5.0MB 無制限
Mac EPUB 5.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恋愛ではない場所で、この飢餓感を冷静に処理することができたらいいのに。「本当のセックス」ができない結真と彼氏と別れられない美紀子。二人は「性行為じゃない肉体関係」を求めていた。誰でもいいから体温を咥えたいって気持ちは、恋じゃない。言葉の意味を、一度だけ崩壊させてみたい。表題作他一篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

私と、性行為ではない肉体関係を、してみませんか? 精神は肉体をもてあまし、潤うことも充足することも叶わない。「男と女」「女と女」が対をなす双作小説。表題作のほか「ガマズミ航海」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

星が吸う水 7−129
ガマズミ航海 131−228

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.6

評価内訳

電子書籍

テーマはセックス

2016/10/14 07:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに、睡眠欲や食欲に基づいて行うときには、愛情は介在しない。肉欲もそういうものだよね、という結構チャレンジングなテーマ。いや、もうチャレンジングでもないのか?そこまで開放されてないような気もするが。この人の作品には、開放感の象徴のように建物の屋上がでてくるんだな、と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

”あたりまえ”がときほぐされていく

2015/10/05 16:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

みんなちがってみんないいという言葉があるけれど
実際に自分にとってのあたりまえがあたりまえではない人とかかわり合うときには
やはり戸惑いを覚えてしまうでしょう。
この小説の登場人物たちの関わり合いを読んでいく中で
わたしはそんな”あたりまえ”がやわらかくときほぐされていくような感じを幾度も覚えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

よく分からない

2018/07/21 19:56

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『星が吸う水』には表題作の他『ガマズミ航海』の女性の性をテーマにした作品2編が収録されています。

『星が吸う水』の主人公鶴子は自分が勃起をし、性欲発散を「抜く」という感覚を持ち合わせていることを普通じゃないかもしれないと少々悩みつつも大事にしていて、その思いをもし理解されるなら友達や恋人らしき人物と分かち合いたいと願っています。しかし彼女の友人の一人は自分を「商品」と考え、「いかに高く売るか」に重きを置いており、もう一人の友人は性欲が一切ないという。

『ガマズミ航海』は、温もりをしゃぶりたいがために男と性行為を繰り返すが「本当のセックス」は違うものだと考える結真と、セックスを苦痛に感じ彼氏に嫌悪感を抱きつつも別れられない美紀子が「性行為じゃない肉体関係」を求めて実験をします。

どちらも何か実験的な感じのする作品です。性のあり方についての固定観念や「女性に性欲はない」的な偏見をお持ちの方にはなかなかショッキングでチャレンジングな作品だと思います。メッセージは「性的嗜好は人それぞれで良し」という一面と「性欲も睡眠欲や食欲に同じように簡単に愛情を介さず処理できれば楽なのに」というところでしょうか。正直その辺はよく分からないのですけど。

この作家は「普通」「常識」といったものを破壊し、新たなアスペクトを模索・提示するので興味深い側面が多いですが、「普通とは何か」を問う作品には共感しても、性や出産をテーマにしたものはあまり波長が合わないようです。嫌悪感を抱くところまではいきませんが、「ふーん、そうなんだ」という以外の感想を持てないというのが正直なところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/08 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/03 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/07 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/06 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/11 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/12 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/29 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/04 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/17 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/01 08:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/15 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/11 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む