サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1012-16)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 技術評論社の通販
  6. それでもテレビは死なない 映像制作の現場で生きる! 熱血ディレクター、未来を探るの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/02/23
  • 出版社: 技術評論社
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7741-5543-2

紙の本

それでもテレビは死なない 映像制作の現場で生きる! 熱血ディレクター、未来を探る

著者 奥村 健太 (著)

なぜ、テレビは映像メディア最強の「影響力」をもつのか。スポンサー、広告代理店、制作者の意図がわかると、テレビには映らない実像がみえてくる。テレビ業界を現場のディレクターの...

もっと見る

それでもテレビは死なない 映像制作の現場で生きる! 熱血ディレクター、未来を探る

税込 1,738 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ、テレビは映像メディア最強の「影響力」をもつのか。スポンサー、広告代理店、制作者の意図がわかると、テレビには映らない実像がみえてくる。テレビ業界を現場のディレクターの視点で綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

奥村 健太

略歴
〈奥村健太〉1973年名古屋生まれ。早稲田大学卒業。テレビディレクター。主に報道・情報・ドキュメンタリー番組の企画・取材・構成・演出を手がける。著書に「映像メディアのプロになる!」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お前は、もう死んでいる・・・?

2013/06/30 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビのディレクターが、現場からの視点で、現在のテレビ業界をどう見ているかを綴ったもの。
テレビ業界の内側を暴露、といったものではなく、テレビ業界の抱える構造的な問題点を考え、どうしていくべきかを考えたもの。

・速報性を取るか、確実さを取るか
・視聴者が喜ぶニュースを取るか、本来的な意味で伝えるべきニュースを取るか
・「演出」と「やらせ」は、どこに境目があるか
などを論じている。
その内容からすると、著者は、良心的なディレクターであると感じられる。
ただ、果たして「良心的なディレクター」は、テレビ局で報われているのだろうか、と心配にもなってしまう。

「テレビがつまらなくなった」と言われて久しい。
家にいる時は、大抵、テレビをつけているが、それでもパソコンをいじりながら、横目で見ている、といった程度。
ちゃんと見ている、と言える番組は少ない。
(それでも「映像の影響力」は絶大なので、何か目をひくものがあると、見入ってしまうことはある)

横目で見る時でさえ、見たいと思える番組がない場合もしばしば。
そんな時は、一番ガマンできそうな番組にチャンネルを合わせるのだ常だ。

地デジ(地上デジタル放送)完全移行後、「テレビを持たない」という選択をした人も少なくないと聞く。
自分は、そこまで踏み切れないにしても、そういう選択をする人の気持ちも分からないではない。

ただ、テレビがつまらなくなったのは、作り手だけのせいだろうか。
ゼロではないが、かと言って100%というわけでもないと思う。

「国民のレベル以上の政治家は生まれない」という言葉があるが、テレビにも同じ事が言える気がする。
安易な作りの番組には「No」を突きつけ、キチンとした理念を持って作成された番組には、インセンティブを出すといったような仕組みも考える必要があるかもしれない。

マジメにニュースや番組作りを考えている人が報われる仕組みにしなければ、「テレビは死なない」だろうが、先は明るくないと思う。

ところで、テレビで是非とも見てみたい番組がある。
それは「地デジ移行の意義と、その後」

地デジ移行には、どんな意義があったのか?
空いた電波の領域は、今どのように活用されているのか?
そして、その後、地デジの特徴を生かした番組は、どれくらいあるのか?
少なければ、その理由は何なのか?

「2K」「4K」だの、その先の「8K」などと言う前に、この辺りをちゃんと検証しておいた方がよいのでは、と思う。

自分が見たいのは「きれいな画像の番組」ではなく、「面白い番組」だから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/07 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/02 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/26 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。