サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/03/01
  • 出版社: 新紀元社
  • サイズ:21cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7753-1107-3

紙の本

ストーリーの作り方 1 (創作トレーニング)

著者 野村 カイリ (著)

ストーリー作りはどんな作業? バランスを崩せば個性が出る? 小説、マンガ、シナリオ、映像などストーリー作品全般に通じるストーリー作りの基本とトレーニングを、多数の演習とと...

もっと見る

ストーリーの作り方 1 (創作トレーニング)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ストーリー作りはどんな作業? バランスを崩せば個性が出る? 小説、マンガ、シナリオ、映像などストーリー作品全般に通じるストーリー作りの基本とトレーニングを、多数の演習とともに解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

やっぱりタイトルで売れ行きは決まる

2016/04/01 23:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shogiがsuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の買った本は3刷まで行ってます。ほんと、本はタイトルですよね。申し訳ないけど、この本、中学生向けでしょうか?

まず、コアストーリを作って、そこに枝葉を付けて行けば良いような事が書かれていますが、あくまで私の経験上ですが、それでは、全く話が膨らみません。雪ダルマに手足を付けていけば、話が膨らむように書かれていますが、雪だるまは、転がして転がして大きくしないとダメでしょう。
どう、転がすかが難しくて皆悩んでいると思うのですが。

さて、本書で書いてる内容に関して、間違ってるのではと疑問に思った点は、
まず
P.14 鶴の恩返しの事を「若者が」+「約束を破り」+「自ら幸せを逃す」話だと書かれてますが、そうなんですか?
まず、この話の主人公は、誰?
鶴じゃなくて若者なの?
恩を返される方が、老夫婦バージョンや翁バージョンもあると思いますが、鶴がカメになったら、この話成り立たないでしょう。

P.26 ここにフローチャートもどきが描かれていますが、下側のルーチンで [主人公が仲間のために戦う話]とあり、回り回って、結果[少年が仲間のために戦う話]となっています。
これって、[主人公]の部分が、[少年]になっただけで、『「考える」とは何をすることでしょうか』とすぐ上の本文で書かれていますが、これが考える、という事でしょうか?
ブレーンストーミングや、マインドマップを使った方が、よっぽどましな答えが導けそうですが、それは考え違いなの、かな?
それと、フローチャートにも作り方のルールがあるので、良い子の皆さんは、ネットで検索してみてね。

P.106 ここに著者が作られたと思しき話が載っています。
出だしで、家から『わずか15分と掛からない書店に憧れのA子ちゃんがやって来る』わけですが、何故か、A子ちゃんが書店に来る、『ぎりぎり2時間前に家を出た』事になってます。もう、この時点で、この話、破たんしてませんか?
話を作ったら、必ず推敲しましょう。

突っ込みどころ満載の本ですが、これって何かの講義ノートでしょうか?
批判する以上は、何回もくじけそうになりながらも、全部読みましたよ。

しかし、やっぱりタイトルが本の売れ行きを決めるという点では、すごい!と思います(嫌味じゃなくて、ホントに)。

では、ごきげんよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/20 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/06 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/31 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/14 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/27 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。