サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/03/12
  • 出版社: マール社
  • サイズ:26cm/95p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8373-0663-4

紙の本

中世兵士の服装 中世ヨーロッパを完全再現!

著者 ゲーリー・エンブルトン (著),濱崎 亨 (訳)

中世の年代記や記録、考古学の研究などから集めた証拠をもとに、中世ヨーロッパの兵士たちが身につけていた服装を忠実に再現し、写真とイラストで解説。生活の様子、女性の服装なども...

もっと見る

中世兵士の服装 中世ヨーロッパを完全再現!

税込 1,848 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中世の年代記や記録、考古学の研究などから集めた証拠をもとに、中世ヨーロッパの兵士たちが身につけていた服装を忠実に再現し、写真とイラストで解説。生活の様子、女性の服装なども紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ファンタジー画の資料には向かないが、興味深い内容

2015/11/15 23:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:赤運太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中世(11~16世紀)の兵士たちがどのような服や武具を身に着けて
生活していたのかを当時の記録を基に再現した解説書です。

項目は
・ノルマンの人たち:バイユーのタペストリーの再考、
図1:1050~1250年の鎖帷子と兜、図2:1250~1360年の胴部の防具
・13世紀の兵士・14世紀のハンドガンナー(小銃兵)・弓兵・騎士、
図3:1250~1370年の頭部と首の防具、
図4:14世紀のキャンベソン、プールポワン、ジポン、紋章付き陣羽織
・14世紀の従軍した女性、
図5:下着と一般市民の服装
・15世紀の男性・女性の服装・イタリア兵士・リブリー(そろいの服)
・ブルゴーニュ公の護衛の弓兵、
図6:12~15世紀のリブリー(そろいの服)、
図7:15世紀のリブリー(そろいの服)と紋章
・砲兵隊の主人・音楽と娯楽・フランスの弓兵
・15世紀のイングランド兵士・ドイツ兵士、
図8:キャンベソン(綿を縫い込んだ防御用の上着)、ジャック、
ブリガンディン(胸甲)
・ジャックとブリガンディン・ハンドガンナー(小銃兵)
・15世紀のスイス兵士・略奪・15世紀の従軍した女性・鎧、
図9:鎧の下の服装
・ランツクネヒト(傭兵)、
図10:1500~1525年のスイスとドイツの兵士、
図11:1515~1525年のスイス傭兵とランツクネヒト(傭兵)、
あとがきの全95ページです。

「ロビンフッド」や「ウィリアムテル」など映画やドラマでなじみのある
中世ヨーロッパの人々が、実際にどのような生活をしていたのか文献を
参考にして語られており、今まで騎士を扱ったものは良く見かけましたが、
一般の兵士を中心にした点で珍しい本だと思います。
特に興味深かったのが軍隊には兵士以外にも彼らの恋人や妻、武具を整備する
職人、稀に女性兵士が同行していた事、鎧は暑さや寒さに弱く面倒な手入れを
必要とした点です。
また兵士の正面・横・背面の様子や靴、武具の流行の移り変わりも写真と
イラストにより紹介されていて、当時はゴムなんて便利なものはないので、
ズボンの代わりにホースと呼ばれる長靴下をシャツの端にガーターベルトの
ように留めて履いていた、下着と服の着方の写真解説も参考になりました。

ただ、題名や表紙からファンタジー画の資料としての用途を期待すると、
中世の実際の服装は我々がイメージするより地味だったり派手で奇抜過ぎ、
写真も細部が示されていなかったり武器の描写が少なめなので、
少々使いにくいかも知れません。

本書は著者やデンマークの中世センターの研究者などが、戦火などによる
散逸・焼失を免れたわずかな文献や記録、遺物を研究し、当時と同じ素材と
方法によって真剣に中世の物を再現しようと実験を繰り返した成果を記した
資料でもあり、中世の歴史研究者たちやTVでたまに見かける中世と同じ
格好をして、当時の戦闘や生活を体験する事に情熱を傾ける愛好者たちに
向けて書かれているのだと思います。
その為、中世の歴史をある程度知らないとよく分からない個所や、
用語解説が重複してやや読みづらい点も多いので、巻末に用語と歴史の
簡単な解説ページを付けて欲しかったです。

ファンタジー画の資料には、武器や鎧の写真が豊富な他の資料本の方が
良いと思いますが、中世ヨーロッパの文化を知りたい方には、値段も手頃で
興味深い内容の本だと思います。

※当時の騎士について更に知りたい方には
オスプレイ・メンアットアームズ・シリ―ズの「中世の紋章」、
アーサー王の時代に興味のある方には同シリーズの
「アーサー王とアングロサクソン戦争」も資料と丁寧なイラストが
載っており、おススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。