サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ランチのアッコちゃん
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 523件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/04/17
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:20cm/166p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-23819-8
  • 国内送料無料

紙の本

ランチのアッコちゃん

著者 柚木 麻子 (著)

「アッコ女史」こと黒川部長の1週間のランチと手作りのお弁当を交換することになった三智子。彼女のルーティンに従って外でランチをするうちに元気が湧いてきて…。表題作ほか全4編...

もっと見る

ランチのアッコちゃん

1,188(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「アッコ女史」こと黒川部長の1週間のランチと手作りのお弁当を交換することになった三智子。彼女のルーティンに従って外でランチをするうちに元気が湧いてきて…。表題作ほか全4編を収録。『小説推理』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ランチのアッコちゃん 3−46
夜食のアッコちゃん 47−89
夜の大捜査先生 91−127

著者紹介

柚木 麻子

略歴
〈柚木麻子〉1981年東京都生まれ。立教大学文学部フランス文学科卒業。「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞受賞。ほかの著書に「早稲女、女、男」「けむたい後輩」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー523件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

花マル元気印↑ おいしそうな物語です。

2017/12/27 13:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

1.「ランチのアッコちゃん」「夜食のアッコちゃん」
2.「夜の大捜査先生」
3.「ゆとりのビアガーデン」
四編の短編集で、そのうち二編がアッコちゃんのお話です。
2・3はほぼ完全に独立しています。

共通テーマは、周囲に合わせすぎてすり減っている人が、
天真爛漫な人と出会って勇気づけられるというものです。
読むと元気になりますよ~

第一話と二話の主人公は澤田三智子。小さな出版社で
働く派遣さんです。
「澤田さん、もしまだだったら、これからお昼一緒にどう?」
ある日突然、黒川部長に声をかけられました。

黒川部長は四十五才の独身女性で身長173cm。
つやつやの黒いおかっぱ頭で、下の名前が敦子さん。
だから「アッコさん」なのですが……当然ながらバックヤードでの
呼び名です。仕事も猛烈に出来ますし。

そんなアッコさんに声をかけられると三智子はわたわた。
そういえばあなた、お弁当だったわねと聞かれると、今日は
食欲がなくてとアッコさんにお弁当を差し出します。
なんのことはない、実は三智子さん、失恋でお弁当が
咽喉を通らないのでした。

「来週一週間、私のお弁当を作ってくれない?」
お弁当を食べたアッコさんから、そんなお願いという名の
命令が降ってきました。NOとは言えないひと代表の
三智子さんは、結局お弁当を作るハメに。
その交換条件は、アッコさんの代わりに馴染みのお店の
ローテーションに行って来いというものでした。

強面のアッコさん。
会社を一歩外に出ると、三智子の想像とはまったく違った
世界が広がっていたのでした。

第二話は、アッコさんが移動販売車を始めるお話です。
売り物のポトフが、香りが漂ってきそうな描き方をされていますよ。

第三話は奔放な女子高生。あ、別にイケナイ方向……では
あるのですが、変な意味ではありませんから。

第四話はビアガーデン。
いやー、こんなビアガーデンがあったらと、とても幸せな気持ちに
なれる物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アッコちゃん

2015/08/22 10:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれて購入しました。アッコさんの強烈な個性がたいへん興味深かった。できれば、後半もアッコさんに焦点をあてて作品をまとめてほしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気分転換にはピッタリかも

2016/08/25 16:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説に限らず、やっぱり人は食べることには関心があることは間違いないですよね。

読みやすいです、小説というよりもTVドラマのノベライズ(それも小説か・笑)のような感じとでも言えば伝わるでしょうか。

何度も繰り返し読んでみたくなるような作品ではないでしょうが、気分転換やちょっと面白いものを探しているならピッタリだと思います。

柚木麻子さんの作品を読むのは初めてでしたが、読み終えてすぐに彼女の他の作品を読みたいとまでは思いませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

顔を上げること、そしておいしいものを食べるだけで

2015/03/26 16:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

うまくいかないことがあるときに顔を上げること、そしておいしいものを食べる。たったこれだけで不思議と元気が出てくるんですからねえ。上司にしたい女性ランキングトップ3入りは確実となっているアッコさんには職場では見せない裏の顔に幅広い交友も。心も体も温まるほくほくのポトフが特においしそうでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待はずれ

2017/05/24 10:43

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しらふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋さんのダイアナはとても面白く読めましたが、こちらの「うまく行き過ぎ」感は合いませんでした。2話目については、派遣社員もいる職場で働いたことがある身としては、リアリティがなさ過ぎて、そもそもリアリティなぞは必要ないのかもしれないけれど、舞台として「ないない」っていうことばかり。キャラクターの魅力が足りないのかな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「けむたい後輩」の作者と知ってたら買わなかった

2013/12/01 23:43

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ランキングで上位だった当時に購入。
 読めども読めども面白くなく、なんで売れてるの?状態。
 会社の先輩からランチを交換(主人公の手作り弁当を先輩に渡し、先輩の指定する店で食事をする)という設定がかなり強引だし、そういうものだとして読んでも、先輩の教えてくれるお店が特によさげというわけでもなく。
 きっと、モデルになったお店があるのだろうから、そういうわけでは、趣向を変えた「孤独のグルメ」のような感じなのだが、こちらはまったく面白くない。
 
 後から「けむたい後輩」の作者だと知ったが、「けむたい後輩」もまったくノレなかったので、その作者だと知っていたら買わなかったのに、と後悔した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/12/20 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/27 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/17 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/13 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/21 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/14 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/10 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/04 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/06 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る