サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

でんしゃにのったよ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 取扱開始日:2013/04/04
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:20×27cm/32p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-8340-2773-0
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

でんしゃにのったよ (こどものとも絵本)

著者 岡本 雄司 (さく)

電車好きの男の子が、お母さんといっしょにローカル線から新幹線に乗り継いで東京のいとこの家へ。電車の旅が味わえる乗り物絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】男の子が、...

もっと見る

でんしゃにのったよ (こどものとも絵本)

972(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

電車好きの男の子が、お母さんといっしょにローカル線から新幹線に乗り継いで東京のいとこの家へ。電車の旅が味わえる乗り物絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】

男の子が、おかあさんと一緒にローカル線や新幹線を乗り継いで、東京のいとこの家に行く様子を描いた乗り物絵本。親子でたっぷりと電車の旅を味わえます。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岡本 雄司

略歴
〈岡本雄司〉1971年神奈川県生まれ。東京芸術大学で学んだ後、主に木版画の技法を用いて、駅や街並をテーマにした作品を発表。「でんしゃにのったよ」がはじめての絵本となる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お気に入り!

2013/12/18 11:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

電車が大好きな息子(三歳)が、買って帰ったその日から気に入ってくれて、10回は読んでいます。寝る前、朝起きて、とても大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2016.2.3.

2017/03/10 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あき - この投稿者のレビュー一覧を見る

電車に乗って、駅で乗り換えたりお弁当を買ったり……
眺めているだけでもわくわくする素敵な絵。特に300系が来るページの迫力が凄い!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

のりつぎの旅

2016/05/14 13:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アキウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぼくはこれから、おかあさんとでんしゃにのって、いとこのしんちゃんちに行くんだ、いろんなでんしゃにのるんだよ、という話です。
ローカル線→幹線→新幹線、と乗り継いでいきます。

電車や周りの風景の細かな描き込みと、「ぼく」の電車愛が伝わってくる作品です。
鉄橋を渡るところの開放感とか、新幹線のホームに上がった時の独特の高揚感とか、そういった雰囲気が、絵からにじみ出てくる感じ。
息子はこの本をよんでから、鉄橋がやたらと気に入ってしまったようで、実際に電車に乗って鉄橋を渡るたびに興奮しています。
東京駅に近づいてきた時に、何重も電車が走っている(山手線とか踊り子号とか)シーンも、お気に入りみたい。
何度も電車を指さして、「これはなんだろう?」と聞いてきます。
何回も答えさせられました…。

また、描き込みについては、実際の車両をモデルにかなり細かく、シャープに描かれており、とにかく絵が抜群に素晴らしいです。

山本忠敬『しゅっぱつしんこう!』のオマージュだと思います。
こちらは、特急列車→急行列車→普通列車と乗り継いでいく、つまり、逆に旅をしていく話。
初出が1982年ということで、古さも感じさせるのですが(有人改札にじゃっかんの戸惑いを見せる息子)、電車をどんどん乗り継いで行く興奮は同じ。
こちらも名作であります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝わってくるものがあります

2016/05/11 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の男の子が、電車でしんちゃんちに遊びに行くという設定です。
子どもの頃、普通に電車乗るのもドキドキした感じなのに、
電車を3本乗って、そのうちの一つが新幹線ということになれば、
心も弾むでしょう。そんな気持ちが伝わってくる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/01 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/27 03:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/01 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/13 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/04 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/07 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/11 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/28 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/22 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

のりもの絵本 ランキング

のりもの絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む