サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 232件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/03/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/368p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-124056-5
文庫

紙の本

風の万里黎明の空 上 (新潮文庫 十二国記)

著者 小野 不由美 (著)

人は、自分の悲しみのために涙する。陽子は、慶国の玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に苦悩していた。祥瓊は、芳国国王である父が纂奪者に殺され、平穏な...

もっと見る

風の万里黎明の空 上 (新潮文庫 十二国記)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

新潮文庫 十二国記 セット

  • 税込価格:8,20674pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人は、自分の悲しみのために涙する。陽子は、慶国の玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に苦悩していた。祥瓊は、芳国国王である父が纂奪者に殺され、平穏な暮らしを失くし哭いていた。そして鈴は、蓬莱から辿り着いた才国で、苦行を強いられ泣いていた。それぞれの苦難を負う少女たちは、葛藤と嫉妬と羨望を抱きながらも幸福を信じて歩き出すのだが―。【「BOOK」データベースの商品解説】

陽子は王ゆえに葛藤し、祥瓊は平穏な暮らしを失くし、鈴は才国で苦行を強いられていた。それぞれの苦難を負う少女たちは、葛藤と嫉妬と羨望を抱きながらも希望に向かい旅立つのだが…。十二国記シリーズ「本編」第4弾。【「TRC MARC」の商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店千日前店

自分を不幸にするのは、自分自…

ジュンク堂書店千日前店さん

自分を不幸にするのは、自分自身の気の持ちようなんだなと、しみじみ思ってしまいました。
 不幸なことを自慢するのではなく、自分にできることを探し、見つけ、そして前に向かって進む勇気があるなら、人は良い方に変わることができるんだということを改めて思い知らされた作品です。

 王になった陽子が民の苦しみを見て、これからの慶をどこに導くのか。

 一度読めば十二国記という壮大な物語から目が離せなくなること請け合いの作品です。


                          文芸担当・Y

みんなのレビュー232件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

苦難を背負う少女たち

2023/01/01 19:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

責を全うできないと悩む女王、身分を追われた少女、奴隷扱いに苦しむ少女。
苦難を背負った三人の少女たちのお話。
おっさん率が高かった今までと違い、女の子中心なので少し華やか?でも、感情が独りよがりで嫌な気分にもなり(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ屈指の傑作

2021/12/30 13:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:へもへものへじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は十二国記シリーズの中でも、「風の万里黎明の空」が一番好きなエピソードです。
国とは何か?
王とは何か?
法とは何か?
民とは何か?
物語を通して、様々な自問自答を繰り返しながら成長していく少女たちの姿が描かれます。

政治家を志す人、必読の書だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

途中でやめきれない

2021/06/24 16:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:creammochi - この投稿者のレビュー一覧を見る

人っていくらなんでもそこまで卑屈になれないんじゃと思いながらも夢中でした 下巻も一緒に買っておけば良かった。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

3人の少女の物語

2021/04/07 08:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うえありひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『月の影 影の海』で王となった陽子と年頃の近い少女3人の物語です。
本作では主人公となるはずの3人がガッカリするほど魅力がない…だけど今後どうなっていくのか、とても気になってしまうんです。
下巻まで読んで、境遇の異なる3人の行く末を見届けてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かわいそうは

2020/03/15 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分はかわいそうだ、これは強力な麻薬なのかもしれない。
思いがけず十二国の世界に落ちてしまった鈴、両親を失い周囲に憎まれた祥瓊。
でも、かわいそうに溺れたままでは一歩も進めない。
それに気づいた陽子は外へと踏み出した。
その歩みを見守りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

景王のその後

2020/02/13 23:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

人はみな、自分のために涙する。一巻完結が続く中での上下巻だったが、上巻ラストの凄惨さに思わず呻いた。芳の元公主祥瓊も、海客の鈴も、境遇は全く違えど確かな共通点がある。それは、自分が世界で一番不幸な人間だと思っていること。つらいのは自分だけだと思っていること。しかも、自分がそう思っていることに全く気づいていない。周りの人間が諭そうとしても、結論は自分のなかでとうに決まっているので聞く耳を持たない。旅の途中での出会いで彼女たちは変われるのだろうか。下巻に続く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

3人の少女たち

2019/11/09 17:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

海客である自身を嘆いてばかりの鈴、
人を羨むばかりで気位だけは高い祥瓊、
突然異世界の王に据えられた陽子の、
3人のそれぞれの話が交互に進んでいきます。
が、自分を成長させようともがく陽子に対し、
鈴と祥瓊のみ勝手さにイライラ。
早く気づきが訪れてー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

載国

2019/11/01 03:48

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで別個に語られてきた諸国の王と麒麟が、この作品で一堂に会す機会を持つ 丁寧に書かれてきた各々の登場人物が、それぞれの背景を抱えて、特徴的な性格を変えずに一つの問題解決を目指す本書は、読者として、待望のストーリーとなっている

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女子三人

2017/09/28 18:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

異世界から流されてきて言葉もわからないうちに奴隷にされた仙の鈴、父王と母を殺されていきなり里に放り出された元芳国の公主祥瓊(しょうけい)、異世界からいきなり連れてこられて景王にされた陽子、それぞれ苦悩する三人の少女たちを軸に話が進んでいきます。ただ、祥瓊も鈴も、なんて自分勝手なんだろうってイラっとしてしたけど、終わりのほうでは、祥瓊と鈴の、景王への気持ちが逆転

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高!

2016/11/28 20:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ロビ太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

三人の女性が苦難にぶつかりながら成長していく。十二国記シリーズの中でも一番好きな話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三人の女性のそれぞれの苦悩

2020/05/02 14:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

今度の主人公はそれぞれに悩みを持ち、また立場も異なる三人。一人は王、一人は宮廷で下働きをする者、そしてもう一人は謀反のため父である王が殺され、今は一庶民となった者。王以外のものは、王の立場を羨み、また王は王で国を治めることで苦しみ。王以外の二人は結構性格が悪く、読んでて結構イラッとしましたが、行動を一緒にする人からいろいろ教わることで少しずつ変化の兆しが出てきたところで上巻終了。下巻で彼女たちからどうなっていくのか。楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/18 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/03 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/29 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/05 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。